• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

XPユーザーに贈るコンパネ大全

スクリーンキーボードを起動するには

井上 健語=ライター 2012/02/14 PC Online

 Windows 7には、マウスだけで操作できる「スクリーンキーボード」というツールが用意されている。スクリーンキーボードを使えば、アルファベット・数字はもちろん、日本語の入力・変換、カーソル移動などもできる。

 もともとは、何らかの理由でキーボードを使用できないユーザー向けのツールだが、一般ユーザーが使っても問題はない。キーボードが使えず、マウスだけで操作しなければならないときなどに便利だろう。起動するには、コントロールパネルから次のように操作する。

コントロールパネルを起動したら、「コンピューターの簡単操作」をクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

「コンピューターの簡単操作センター」をクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

コンピューターの簡単操作センターが起動したら、「スクリーンキーボードを開始します」をクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

スクリーンキーボードが起動する。「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コンピューターの簡単操作」→「スクリーンキーボード」でも起動できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、スクリーンキーボードの「オプション」キーをクリックすると、動作設定を変更する「オプション」ダイアログボックスが開く。ここで「テンキーを有効にする」チェックボックスをオンにすれば、テンキーも表示可能だ。「スクリーンキーボードの使用方法」では、キーの選択方法を変更できる。キーボード操作が困難な方は試してほしい。

スクリーンキーボードの「オプション」キーをクリックすると開く「オプション」ダイアログボックス。スクリーンキーボードの動作を設定できる。
[画像のクリックで拡大表示]

テンキーも表示可能。
[画像のクリックで拡大表示]

XPでは……

 Windows XPでスクリーンキーボードを起動するには、「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「ユーザー補助」→「スクリーンキーボード」と操作する。

Windows XPのスクリーンキーボード。
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る