• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Office 2010即効テクニック

差し込み印刷を行う(Word 2010)

高橋 量=デジタル・コンテンツ・パブリッシング 2010/09/10 日経ベストPC+デジタル
出典:日経ベストPC+デジタル 2010夏号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

【Word 2010】

 差し込み印刷とは、ひな型文書にExcelのデータを埋め込んで印刷する機能。同じレイアウトを使いながら文書の一部をほかのデータに変えられるので、はがきのあて名や請求書の印刷などに使われる。差し込み印刷をするには、まずExcelで参照するデータを表にまとめよう。このとき各列の先頭にデータの見出しを入れておくと、後の作業がしやすい。次にWordでベースとなる文書を作成し、差し込み印刷ウィザードを使いながら、どの部分にどのデータを挿入するのかを設定すればOKだ。「封筒」であて名印刷が行えるほか、「電子メールメッセージ」を選べば文面の一部が異なるメールの一括送信も行える。

あらかじめ参照するデータをまとめたExcelの表を作っておく。
[画像のクリックで拡大表示]

印刷する文面を作成し、「差し込み文書」→「差し込み印刷の開始」→「差し込み印刷ウィザード」とクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

「文書の種類を選択」で「レター」を選択し、「次へ」をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ ひな形の選択
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【「iPhone X」は買いか?】

    iPhone Xを選ぶ5つの理由

     iPhone Xは、最近はiPhoneとAndroidスマートフォンの2台持ちが当たり前になっていた筆者にとって「買わない理由が見当たらない」1台だ。2台持ちに至っていた不便さを、ホームボタンの廃止や顔認証の導入で一気に解消してくれる。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る