• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
XPユーザーに贈るコンパネ大全

Windows 7のエディションや搭載メモリー量、CPUの速度などを確認するには

井上 健語=ライター 2010/06/15 PC Online

 コントロールパネルを使うと、使用しているパソコンのCPUの種類と動作クロック周波数、搭載しているメモリー量、Windows 7のエディションなどの基本情報を確認することができる。店頭に並んでいるパソコンを購入する際などには、必ず確認しておきたい。手順は次の通りだ。

コントロールパネルの「システムとセキュリティ」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

「システム」の「RAMの量とプロセッサの速度の表示」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

画面の一番上にはWindows 7のエディションが表示され、「システム」の「プロセッサ」ではCPUの種類と動作クロック周波数、「実装メモリ(RAM)」では搭載メモリ量が表示される。また、「システムの種類」には32ビット/64ビット、「ペンとタッチ」では、画面に触って操作できるWindows タッチに対応しているかどうかが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、一番下の「Windows ライセンス認証」には、そのWindows 7が正規の製品としてマイクロソフトから認証されているかどうかが表示される。通常、購入したあとでライセンス認証を実行すると、正規製品であることを示すロゴが表示される。

 また、「プロダクトID」には、Windows 7の個々の製品に割り当てられている固有の数字が表示される。上位のエディションにアップグレードする場合は、右横の「プロダクトキーの変更」をクリックし、上位エディションのプロダクトIDを入力することで、アップグレートすることも可能だ。

正規の製品であることを示すロゴ

「プロダクトキーの変更」をクリックすると表示されるダイアログボックス。別のエディションのプロダクトIDを入力してアップグレードすることができる
[画像のクリックで拡大表示]

XPでは……

コントロールパネル(クラシック表示)の、「システム」アイコンで表示される「システムのプロパティ」ダイアログボックスの「全般」タブで確認できる。

[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る