• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

IME即効テクニック

オープン拡張辞書を追加する

■対応バージョン:MS-IME 2010

井上 健語=ライター 2010/06/01 PC Online

 MS-IME 2010では、「オープン辞書」と呼ばれる新機能が用意されている。これは、辞書の仕様を公開して、誰でも簡単にIME用の辞書を作成・公開できるようにする機能だ。ATOKに比べると、MS-IME用の辞書は種類が少なかっただけに、オープン辞書によってIME用辞書の充実が期待される。

 マイクロソフトでは、オープン辞書のサンプルとして「マイクロソフトIT用語辞書」を公開している。この辞書の特長は次のとおりだ。

1.カタカナで表記される語のみ収録している。
2.候補リストを開くと、コメントとして英語表記が表示される。この表示をクリックすると、英語表記をドキュメントに挿入できる。
3.コメントウインドウに表示されるリンク アイコンをクリックすると、該当する語をMSDN(開発者向けのWebサイト)で検索できる。
4.英語表記が複数の単語で構成される単語は、カタカナ表記でも単語間に空白が挿入される(例:"でじたるかめら" → "デジタル [空白] カメラ")。

 ここでは、この「マイクロソフトIT用語辞書」をMS-IME 2010に登録する方法を紹介しよう。

言語バーの「ツール」ボタンをクリックしてメニューを開き、「辞書追加サービス」→「オープン拡張辞書を追加」を選択する
[画像のクリックで拡大表示]

Webブラウザーが起動してオープン拡張辞書のWebページが表示されたら、「マイクロソフトIT用語辞書(オープン辞書サンプル)」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

マイクロソフトのダウンロード用ページに移動したら、「MicrosoftITDictionary_1_jajp.dctxc」の「ダウンロード」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

「開く」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

セキュリティの警告が表示されたら「許可する」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

拡張辞書の署名を確認するメッセージが表示されたら「OK」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

このメッセージが表示されたら「OK」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

 インストールは以上である。ただし、インストール直後は利用可能にはなっていない。利用するには、プロパティの設定を次のように変更する。

言語バーの「ツール」ボタンをクリックしてメニューを開き、「プロパティ」をクリックする

「辞書/学習」タブに切り替えたら、「システム辞書」の「マイクロソフトIT用語辞書」を選択し、「辞書の設定」で、この辞書を使用する変換モードをチェックして指定する。ここでは「一般」をチェックし、一般モードで使用する設定としている。設定したら「OK」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

マイクロソフトIT用語辞書が利用可能になった
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【編集長の眼】

    クラウドに移行してもコストは減らない

     「パブリッククラウドサービスに既存システムをそのまま移行してコストが大きく下がるのは、オンプレミス(自社所有)環境のインフラに無駄があるケース。コスト削減に努めてきたなら、クラウド移行の目的には含めないほうがいい」。AWSやAzureなどのクラウドの導入支援を行うコンサルタントから聞いた言葉だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る