• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

IME即効テクニック

変換した単語をBingなどですぐに検索する

■対応バージョン:MS-IME 2010

井上 健語=ライター 2010/05/18 PC Online

 2010年6月17日には、Office 2010が一般発売される。それにともなって、MS-IMEも2010へとバージョンアップする。原稿執筆時点で入手できたRTM版(最終版)を使って、注目すべき新機能について、数回にわたって取り上げたい。

 今回は、検索機能を紹介しよう。これは、MS-IME 2010で変換した言葉を使って、すぐに検索サイトなどでキーワード検索を実行する機能である。以下は、Bingを使って検索する例だ。

MS-IME 2010で言葉を変換する

未確定状態で言語バーの「検索」ボタンをクリックする。または、[Ctrl]+[F8]キーを押す。
[画像のクリックで拡大表示]

この例ではBingが割り当てられているため、Webブラウザ-が起動してBingでキーワード検索を実行し、その結果が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 検索に利用するサイト(検索プロバイダー)は、あとから追加するも可能だ。手順は次のようになる。

言語バーの「ツール」ボタンをクリックし、「検索機能」→「検索プロバイダーを追加」を選択する
[画像のクリックで拡大表示]

検索プロバイダーを選択する専用サイトが表示されるので、追加したい検索プロバイダーをクリックする。ここでは、「辞書検索(コトバンク)」をクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

「ファイルのダウンロード」ダイアログボックスが表示されたら「開く」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

このメッセージが表示されたら、「プロバイダーの追加」ボタンをクリックする。なお、「Microsoft Office IME 2010の既定の検索プロバイダーに設定する」チェックボックスをオンにすると、変換後に「検索」ボタンか[Ctrl]+[F8]キーを押したとき、その検索プロバイダーによって検索されるようになる

確認のメッセージが表示されたら「OK」をクリックする。これで検索プロバイダーの追加は完了である
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る