• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

IME即効テクニック

IMEパッドの入力エリアを大きくする

■対応バージョン:MS-IME/MS-IME2007

井上 健語=ライター 2010/03/09 PC Online

 「手書きで漢字を書いて入力する」で説明したように、MS-IME/MS-IME2007のIMEパッドを使うと、マウスで漢字や記号を書いて文字を検索、入力することができる。ただし、描くエリアが狭いと感じたことはないだろうか。実は、ごく簡単な操作で描くエリアを拡大することができる。操作は次の通りだ。

IMEパッドの手書きアプレットを起動したら、描画エリアと検索結果の表示エリアの境界にマウスポインターを合わせ、マウスポインターを左右矢印の形にする
[画像のクリックで拡大表示]

そのまま右方向にドラッグすると、描画エリアが拡大する
[画像のクリックで拡大表示]

拡大したエリア全体を使って漢字を描くことができる
[画像のクリックで拡大表示]

 念のため、拡大したエリアを小さくする操作も説明しておこう。

描画エリアと検索結果の表示エリアの境界にマウスポインターを合わせ、マウスポインターが左右矢印の形になったら左方向にドラッグする。これでエリアが小さくなる
[画像のクリックで拡大表示]

ウインドウの下枠を上方向にドラッグする。これで元のサイズに戻る
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る