• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

IME即効テクニック

学習情報を消去する

■対応バージョン:MS-IME2007

井上 健語=ライター 2009/10/27 PC Online

 MS-IMEには、変換・確定した単語を記憶して、次回の変換時に上位に表示したり、単語と単語の結びつきを記憶したりする「学習機能」が用意されている。

 通常は、学習機能によって使えば使うほど変換効率はよくなっていくが、1台のパソコンを複数人で共有していたり、不特定多数のユーザーが利用するパソコンを利用したりする場合は、前に利用した人の学習情報がじゃまになるケースもある。このようなときは、学習情報を消去してから使い始めるとよい。

 あるいは、こういったパソコンを利用したあと、自分の学習情報を消去してから終了するのも、情報漏洩防止の観点からはよいことだ。

 なお、学習情報を消去する機能は、MS-IMEには用意されていない。以下は、ME-IME 2007での操作方法だ。

言語バーの[ツール]ボタンをクリックし、メニューから[プロパティ]をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

プロパティのダイアログボックスが表示されたら、[辞書/学習]タブに切り替えて、[学習情報の消去]をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

確認のメッセージが表示されたら[はい]をクリックする。このあと、開いたダイアログボックスはすべて閉じる。これで、変換した単語の並び順などの学習情報がすべてリセットされて出荷時の状態に戻る
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、学習情報を消去しても、自分で登録した登録単語は削除されないので安心してほしい。ただし、学習機能によって自動的に学習された学習単語は、すべて削除される。例えば、「さいぼうず」と入力し、[F7]キーで「サイボウズ」にカタカナ変換して確定すると、ユーザー辞書に「サイボウズ(さいぼうず)」という単語が自動的に登録される。このような学習単語は、学習情報の消去によって削除されてしまう(「ファンクションキーを使ってカタカナ変換する」参照)。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【NRI楠真 強いITはココが違う】

    ハイタッチからノータッチへ、変わるIT営業

     年末年始と挨拶まわりに忙しい季節です。日本の企業文化に根付いている年始の挨拶まわりは、トップ営業にとって重要なタイミングです。ところが、あるITベンダーの営業がこんなことを言っていました。「米国の本社からは、ハイタッチどころかノータッチで営業しろって言われているんですよ」

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る