• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel2007即効テクニック

計算式の0を表示したくない

田中 亨=テクニカルライター 2009/09/04 PC Online

 図のC列には「数量×単価」を計算する簡単な計算式を入力した。数量と単価の両方が入力されていれば、正しい計算結果が表示されるのだが、どちらかが未入力だと、計算結果が0になる。こうした0を表示したくないときは、どうしたらいいだろう。

図1 計算の元になる「数量」または「単価」が空欄だとC列には0が表示される

 0を表示しないためには、いくつかの方法がある。まず、IF関数で判定するやり方だ。たとえばセルC4に「=IF(A4="","",A4*B4)」という式を入れると、セルA4が空欄のときに0が表示されなくなる。

図2 IF関数で判定すれば0を非表示にできる

 上図では「数量」のセルが空欄かどうかをIF関数で判定したが、ほかにも「=IF(OR(A4="",B4=""),"",A4*B4)」や「=IF(A4*B4=0,"",A4*B4)」など、いろいろな考え方ができる。

 何らかの理由で、計算式を変更できないようなときは、他の機能を使って0を非表示にしよう。最も簡単な方法のひとつは、0が表示されないよう設定を変えてしまうことだ。「Officeボタン」をクリックして「Excelのオプション」を開く。「詳細設定」の「次のシートで作業するときの表示設定」グループで「ゼロ値のセルにゼロを表示する」チェックボックスをオフにすると、ワークシート上のすべての0が非表示になる。

図3 0を非表示にするオプションはワークシートごとに設定できる

図4 すべての0が表示されなくなった

 オプションの変更による0の非表示は、計算式の結果だけでなく、手入力した0も表示されなくなる。0の非表示をセルごとに設定したいときは、セルの表示形式を使う方法もある。0を表示させたくないセルを選択して「セルの書式設定」ダイアログボックスを開き、「ユーザー定義」で「[<>0]#,##0;」のように設定する。

図5 ユーザー定義の表示形式で0だけを非表示にできる

図6 表示形式を設定したセルだけで0が非表示になった

 ここで設定した「[<>0]#,##0;」のうち「[<>0]」部分は、"セルの値が0でなかったら"という条件指定になる。続く「#,##0;」は数値に桁区切りのカンマを表示させる表示形式だ。

 Excel 2007では、最後の「;」を忘れないようにしよう。「;」は、複数の表示形式を区切る記号で、このように表示形式を1つしか指定しない場合、旧バージョンのExcelでは末尾の「;」が不要だった。しかし、なぜかExcel 2007からは区切りの「;」を末尾に付けないと正常に動作しなくなっている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る