• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel2007即効テクニック

互換性をチェックする

田中 亨=テクニカルライター 2009/07/31 PC Online

 Excel 2007は条件付き書式の機能が拡張された。旧バージョンでは不可能だった、セル内の部分的な塗りつぶしがサポートされたので、簡単に数値を視覚化できるようになった。

図1 Excel 2007で追加された条件付き書式の新機能

 こうした新機能を利用したブックを、Excel 2003などの旧バージョンで開くと、当然ながら同じ表示にはならない。そのような、旧バージョンでは再現できない機能や、エラーになる機能などを使っていないかを調べることができる。

 「Office」ボタンをクリックして「配布準備」の「互換性チェックの実行」を実行すると、そのブックで使用している、旧バージョンとは互換性のない機能をチェックしてくれる。

図2 旧バージョンにはない新しい条件付き書式が使われていると警告された
[画像のクリックで拡大表示]

 ダイアログボックスでは、どんな機能が使われていて、それが旧バージョンではどうなるかを簡単に警告してくれる。「検索」というリンクをクリックすると、その機能が使われているセルが選択状態になるのでわかりやすい。

図3 「検索」のリンクをクリック
[画像のクリックで拡大表示]

図4 新機能を使用しているセルが選択される

 また「新しいシートにコピー」ボタンをクリックすると、ダイアログボックスで警告された内容が新しいワークシートに出力される。

図5 警告の内容をワークシートに出力できる
[画像のクリックで拡大表示]

 Excel 2007はワークシートの大きさが拡大されている。うっかり、旧バージョンでは使用できない、拡大された領域を使用していると、次の警告が表示される。

図6 拡大されたワークシート領域を使用しているという警告。このまま保存して旧バージョンで開くと、ワークシートの一部が切り捨てられてしまう
[画像のクリックで拡大表示]

 また、Excel 2007で新しく追加されたワークシートを関数を使用していると、次のような警告が表示される。

図7 SUMIFS関数やIFERROR関数など新しい関数は旧バージョンで使えない
[画像のクリックで拡大表示]

 意外と見落とされがちなのは、セルの背景色や文字色で使用する「Excel 2007で追加された色」だ。「テーマの色」に分類されている色を使用していると、旧バージョンでは再現できないという警告が表示される。

図8 「テーマ」はExcel 2007で追加された新しい機能
[画像のクリックで拡大表示]

図9 「テーマの色」を使っていると、旧バージョンとの互換性がないと判断される
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る