• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Excel即効テクニック for Mac

セルの書式を一発でクリアする方法

田中 亨=テクニカルライター 2009/05/08 PC Online

 セルに日付を入力すると、セルに日付の表示形式が自動的に設定される。日付の表示形式はExcelが勝手に設定するため、ユーザーが気づかないことも多い。セルのデータをクリアするにはDeleteキーを押すが、このときセルの表示形式や罫線などの書式はクリアされない。クリアしたしたセルに数値を入力すると、その数値がシリアル値と解釈されて、変な日付が表示されてしまう。

図1 セルに日付データを入力すると

図2 自動的に日付の表示形式が設定される

図3 「数式と値の消去」でセルのデータをクリアしても表示形式は生きている

図4 そのセルに数値を入力すると

図5 数値が日付形式で表示されてしまう

 セルのコンテキストメニューに「数式と値の消去」はあるが、書式をクリアするコマンドはない。セルの書式をクリアするには「編集」メニューの「消去」をポイントして「すべて」や「書式」を実行しなければならない。

図6 書式をクリアするにはメニューからコマンドを実行しなければならない

 実は、セルのデータと書式を一発でクリアする方法がある。何も入力されていないブランクのセルをコピーするのだ。もし日付が入力されているセルの上にブランクセルがあれば、フィルハンドルをドラッグするだけでいい。

図7 ブランクセルをコピーすると、データと一緒に書式もクリアされる

図8 フィルハンドルをドラッグして消せば簡単だ

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る