• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

買う前に読みたいWindows 8超入門

エクスプローラー、日本語入力などのその他の機能の使い勝手は?

慌てることなく慎重に検討を! まずは触れるところから

井上 健語=ライター 2012/10/26 PC Online

 本日はWindows 8の発売日です。家電量販店の店頭には、Windows 8の動いているパソコンやタブレットがズラリと並ぶはず。そして、多くの方は、そこで初めてWindows 8に触れることになるでしょう。そこで最終回の今回は、ここまでに取り上げられなかったエクスプローラーや日本語入力、セキュリティ機能など、その他の気になるポイントをまとめて紹介します。店頭で試用するとき、ぜひ参考にしてください。

リボンが全面採用されたエクスプローラー

 使い慣れたWindowsのツールで最も大きく変化したのは「エクスプローラー」です。Office 2010と同じリボンが採用され、操作性も変わっています。

 「リボン」には、いまだに賛否両論あるようですが、私はエクスプローラーのリボンはとても使いやすいと思います。選択したファイルの種類によってリボンの内容が変化しますので、「やりたいことがすぐできる」インタフェースになっていると思います。

 ファイルやフォルダーの管理方法に変化はありません。従来通り、フォルダーの階層構造でファイルを管理します。

 なお、細かいところですが、ファイルのコピー機能も変化しています。コピーの一時停止/再開が可能になり、コピー速度と進捗のグラフ表示もできます。

エクスプローラーには全面的にリボンが採用された。
[画像のクリックで拡大表示]

画面は画像の保存されたフォルダーを表示したところ。表示する内容によってリボンの内容が変化する。
[画像のクリックで拡大表示]

画面はネットワーク上のコンピューターを選択したところ。ネットワークに関するボタンがリボンに表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

ファイルコピー中はコピー速度と進捗がグラフ表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

ファイルコピーの一時停止や再開、取消も可能。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ Windows 8アプリも管理できるタスクマネー...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【IBM Watsonの真実】

    Watsonを選んだユーザー、背景に深刻なビジネス課題

     この特集は米IBMの人工知能(AI)システム「Watson」の現状を様々な角度から探っている。今回はWatsonを導入したユーザーとして、フォーラムエンジニアリング、金沢工業大学、みずほ銀行の事例を取り上げる。深刻化するビジネス課題に取り組むための道具としてWatsonを選んだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る