• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

iPad完全理解~魅惑のタブレット端末を丸かじり!

iPadはパソコンとしてどこまで使えるのか?(前編)

戸田 覚&アバンギャルド 2010/06/23 PC Online

 iPadは、ネットブック並みの価格で買える。セカンドマシンとしてリビングで使ったり、モバイル用に購入したいと考えている人も少なくないだろう。ここでは、パソコンと比較してどこまで使えるのか、パソコンを超越している部分があるのか、徹底チェックしていこう。

 iPadは、iPhoneをそのまま大きくしたようなデザインで、よりパソコンらしく利用できる。あくまでもスマートフォンであり、電話の一種といえるiPhoneとは違って、iPadでは通話ができないのが最大の違いだ。

 電子ブックを読むための専用端末“電子ブックリーダー”にも近いのだが、さまざまなアプリを追加して機能アップできるあたりは、パソコンのジャンルに含めてもよいだろう。

 ここでは、iPadをパソコンとして考えたとき、どこまで使えるのかをチェックしていく。価格的にはネットブックと近く、最廉価モデルなら、5万円以下で購入できる。

 パソコンとの最大の違いは、OSだ。店頭に並ぶ主なパソコンにはWindows 7、MacにはMac OS Xが搭載されている。だが、iPadには、iPhoneと同じ独自のOSが採用されているのだ。だから、パソコンと横並びでスペックを比べてもあまり意味はない。iPadのCPUは、動作周波数だけ見るとネットブックにも劣っているが、実際には、驚くほど快適に動作する。

 操作性にも気を付けてチェックしてほしい。マウスとキーボードを使う、これまでのパソコンとはまるで異なる、革新的な端末なのだ。使うのが楽しくなる半面、「パソコンならできるのに……」と感じる部分もあるだろう。以下、詳細を見ていこう。

ネットブック並みの価格で買えるiPadだが、パソコンとしては、いったいどこまで使えるのだろうか?
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 【操作性】タッチ中心の操作性は革新的だ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る