• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

パソコンとネットで確定申告2010

【第1回】今年の確定申告は、パソコンとネットでラクラク済ませよう!

伊藤 華子=ライター 2010/01/15 PC Online

税務申告のキホン

 日本の所得税は「申告納税制度」であることをご存じだろうか。平たく言うと、仕事に就いてお金を稼いでいる人は、「誰でも」「全員」、税法に従って自分の所得金額と税額を正しく計算し、自ら申告・納税しなければならないのが原則だ。

 会社を経営している人や、個人で仕事をしている人(個人事業主)なら、毎年決まった時期に「確定申告」が必要なことはご存じだろう。恒例とはいえ、1年分の収支をまとめて決算書や確定申告書を作成するのは、なかなか大変な作業のはずだ。

 一方、給与所得者、いわゆるサラリーマンの場合は、確定申告にあまりなじみがないだろう。というのは、毎月支払われる給料やボーナスから、所得税や健康保険料、年金保険料などを「天引き」する、「源泉徴収制度」が存在するからだ。給料を支払うときに、会社が適切な金額を計算して差し引いた分を預かり、給与所得者本人に代わって税務署に納めてくれているのだ。会社が代行して申告・納税した分は、「年末調整」の際、本人が1年分をまとめて確認する。このとき、必要に応じて修正や追加の申告が可能だ。つまり、本人は無意識かもしれないが、給与所得者も「自ら申告・納税」しているわけだ。

 とはいえ、給与所得者にとって、年末調整は申告の「最後のチャンス」ではない。各人の事情に合わせて「確定申告」をすることで、天引きされた所得税が還付される場合がある。また、確定申告は「個人の自由」とも限らない。給与所得者であっても、確定申告をしなければならない場合があるからだ。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 税務申告にパソコンとネットを生かす
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【AIと倫理】

    ネットで集めたデータはAI学習に使えるか?

     「企業内でディープラーニング(深層学習)を手掛けようにも、現状は手足を縛られているような状態だ」――。2017年5月24日、愛知県で開催された人工知能学会全国大会の公開セッションで、質問に立った企業の技術者が切実な声を挙げた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る