• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

USBメモリー完全理解

ここまでできるUSBメモリー200%活用法

ここまでできるUSBメモリー200%活用法

佐々木康之=フリーランスライター、乗越 政行=プラスワンデジタル、PCビギナーズ編集部 2008/10/03 日経PCビギナーズ
出典:日経PCビギナーズ 2008年4月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 USBメモリーの扱いに自信があるなら、応用ワザに挑戦してみませんか? コピーやバックアップの作業を自動化したり、ソフトを持ち運んで外出先で使ったりと、一度覚えると後戻りできないとっておきのワザを厳選しました。

ドラグより2倍簡単!自動コピーで楽々

 USBメモリー内のデータをパソコンに保存するとき、ドラグしてコピーするのが基本です。ただ、ファイルを探したり、保存の場所を開いたりするのは意外と面倒。いつも行う操作だけに、省力化を図りたいものです。

 そこで、コピーを自動化できる“とっておき”の方法で楽をしましょう。例えば、命令文が書かれたファイルをUSBメモリーに入れておけば、それをダブルクリックするだけでコピーができます。さらに、USBメモリーをセットしてすぐにコピーが始まるようにもできるのです。

ソフトのインストール方法は2つ

 この特集で紹介しているフリーソフトは、ダウンロードして入手します。その後インストールは、二つの方法に分かれます。一つはパソコンに保存して実行するもの(図A、パターンA)。もう一つはUSBメモリーにファイルやフォルダをコピーして使うものです(図B、パターンB)。

図A 解凍したソフトのアイコンをダブルクリックすれば起動するものと、パソコンにインストールして使うものがある。
図B 解凍してできたソフトのファイルを、USBメモリーにドラグしてコピーする。ソフトのアイコンをダブルクリックして実行する。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 専用ファイルを作ってコピーを自動化!
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る