• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

AMDのA10-6800K Black Editionをテスト

演算性能と描画性能は1割前後の伸び、消費電力は増大

井原 敏宏=日経WinPC 2013/06/05 日経WinPC

 AMDは2013年6月5日、デスクトップPC向けの新Aシリーズを正式発表した。開発コード名は「Richland」で、前世代の「Trinity」(開発コード名)をマイナーチェンジした。日経WinPCは最上位製品のA10-6800K Black Edition(以下BE)を入手。従来モデルと性能や消費電力を比較した。

 主な仕様は表の通り。RichlandはTrinityと同じく32nmの製造プロセスを採用し、1個で同時に2スレッドを処理できる「Piledriverモジュール」を搭載している。Trinity世代のAシリーズと比べて動作周波数が上がった。内蔵グラフィックス機能もTrinity世代の「Radeon HD 7000D」シリーズから「同8000D」シリーズになり、動作周波数が上がっている。メモリーは最上位製品でDDR3-1866対応だったのが、DDR3-2133対応になった。

従来製品の最上位A10-5800K BEと比較

 Richlandのソケット形状はTrinityと同じ「Socket FM2」で互換性がある。ただし、これまで販売されてきたSocket FM2対応マザーボードの場合、BIOSをRichland対応の最新版に更新する必要がある。

 今回はA10-6800K BEと、Trinityで最上位だったA10-5800K BEの性能を比較した。他にも、2013年6月2日に発売されたIntelの新CPU「Haswell」(ハズウェル、開発コード名)の、Core i5-4670Kもテストした。ただし、Core i5-4670Kは物理的に4コアを搭載し、実勢価格が2万7000円前後と1万円近く高額なので、直接競合しない。

 CPUの演算性能を調べる「CINEBENCH R11.5」(MAXON Computer)では、1スレッドで実行する「CPU(シングルコア)」と、実行可能な最大のスレッド数で実行する「CPU」のどちらも、A10-6800K BEがA10-5800K BEを1割弱上回った。DirectX 11に対応した「3DMark」(Futuremark)で、グラフィックス性能を見る「Graphics score」を比べたところ、こちらもA10-6800K BEがA10-5800K BEを1割弱上回った。A10-6800K BEはCINEBENCH R11.5では、Core i5-4670Kに対して6割以上下回ったが、3DMarkでは逆に2割以上上回った。グラフィックスボードと比べると、A10-6800K BEは「GeForce GT 640」と「GeForce GT 630」の間に入った。

 負荷の高い3Dゲーム「バトルフィールド 3」(エレクトロニック・アーツ)をプレーしているときの平均フレームレートも調べた。グラフィックス品質は「最高」、解像度は1280×1024ドットでプレーした。A10-6800K BEはA10-5800K BEに対して12%の伸びと、3DMarkより差が大きくなった。Core i5-4670Kに対しては1.4倍以上の伸びだ。GeForce GT 640をA10-6800K BEが3割ほど下回るのは3DMarkと同じだが、GeForce GT 630との差は14%に縮まった。

 システム全体の消費電力も調べた。「アイドル時」はWindowsのアイドル状態、「負荷時」はCINEBENCH R11.5の「CPU」を実行して全コアに高い負荷をかけた状態だ。A10-6800K BEとA10-5800K BEは同じマザーボードを使用しているため、消費電力の違いが分かりやすい。A10-6800K BEはA10-5800K BEに対してアイドル時はほぼ同じだが、負荷時は14W高かった。

 A10-6800K BEとA10-5800K BEを比べると、動作周波数や内蔵グラフィックスを強化した分、それぞれ性能が1割前後上昇している。ただ、それに伴い負荷時の消費電力も上がっている。Trinityからの買い替えだとあまり大きなメリットは無いが、内蔵グラフィックスで少しでも快適にゲームを楽しみたいユーザーには最適な製品だ。


テスト環境
CPU:A10-6800K Black Edition(4.1GHz)、A10-5800K Black Edition(3.8GHz)、Core i5-4670K(3.4GHz)、マザーボード:Socket FM2はF2A85-V PRO(ASUSTeK Computer、AMD A85X搭載)、LGA1150はZ87 DELUXE(ASUSTeK Computer、Intel Z87搭載)、メモリー:A10-6800K Black EditionはDDR3-2133 4GB×2、A10-5800K Black EditionはDDR3-1866 4GB×2、Core i5-4670KはDDR3-1600 4GB×2、起動ドライブ:Crucial m4(マイクロン ジャパン、256GB)、グラフィックスボード:CPUは内蔵グラフィックス機能を使用(ドライバーはAMDがCatalyst 13.6 Beta、Intelがバージョン15.31)、GeForce GT 630は「GT630-2GD3」(ASUSTeK Computer、ドライバーは320.18)、GeForce GT 640は「GT640-2GD3」(ASUSTeK Computer、ドライバーは320.18)、電源ユニット:Silent Pro Gold 800W(Cooler Master、定格出力800W、80 PLUS GOLD取得)、OS:Windows 7 Ultimate Service Pack 1 64ビット日本語版。

■変更履歴
記事公開当初、システム全体の消費電力のグラフでA10-6800K Black EditionとA10-5800K Black Editionの数値がグラフの長さと一致していませんでした。また、負荷時は3DMark 11の「Graphics Test 1」実行時の平均値としていましたが、正しくはCINEBENCH R11.5の「CPU」実行時の平均値です。グラフと本文は修正済みです。 [2013/6/10 15:20]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る