• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ニュース

OCZの新型SSD「Vector」をいち早くテスト

菅井 光浩=日経WinPC 2012/11/29 日経WinPC

 OCZ Technologyの販売代理店であるアスクは2012年11月29日、新型SSD「Vector」の説明会を開催した。同製品は「Vertex 4」の上位モデル。容量が128G/256GB/512GBの3モデルあり、11月30日から販売を開始する。

OCZ Technologyの新型SSD「Vector」。
[画像のクリックで拡大表示]

 Vectorは、Serial ATA 6Gbpsに対応したSSD。OCZが買収したINDILINXの新型コントローラーチップ「Barefoot 3」を搭載する。同社の売れ筋SSDのVertex 4は、Marvell Technology Group製コントローラーチップをカスタマイズして利用していた。

 公称速度は、全モデルとも順次読み出しが550MB/秒。順次書き込みは128GBモデルが400MB/秒、256GBおよび512GBモデルが530MB/秒と高速だ。4KBデータのランダム読み出しは128GBが9万IOPS(1秒当たりの読み書き操作回数)、256GBおよび512GBモデルが10万IOPS、書き込みはいずれのモデルも9万5000IOPS。保証期間は5年間で、書き込み量に制限はない。

Vectorの基板を手に持ち特徴を説明する、OCZ TechnologyのJohnny Preston氏。
[画像のクリックで拡大表示]

Vector 256GBモデルの基板。新型コントローラーチップ「Barefoot 3」を搭載している。
[画像のクリックで拡大表示]

基板の裏側。NANDフラッシュメモリーを8個搭載している。
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 今回、日経WinPCはVectorの256GBモ...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る