• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

AMDの新チップ、Radeon HD 7770/7750を検証

西村 岳史、井原 敏宏=日経WinPC 2012/02/15 日経WinPC

 AMDは2012年2月15日、ミドルクラスの新グラフィックスチップ「Radeon HD 7770 GHz Edition」「Radeon HD 7750」を発表した。発売済みのRadeon HD 7900シリーズと同じ、「Graphics Core Next(GCN)」と呼ぶ新設計を採用。製造プロセスは28nmで、DirectX 11に対応する。日経WinPC編集部はRadeon HD 7770 GHz EditionとRadeon HD 7750のレファレンスボードを入手、性能と消費電力を検証した。

Radeon HD 7770 GHz Editionを搭載した、AMDのレファレンスボード。クーラーは2スロット占有するタイプ。
[画像のクリックで拡大表示]

Radeon HD 7750のレファレンスボード。1スロットで収まり、補助電源端子も無い。
[画像のクリックで拡大表示]

 Radeon HD 7770 GHz EditionとRadeon HD 7750は、2011年末から2012年2月にかけて発表、発売されたRadeon HD 7900シリーズの下位モデル。「Cape Verde」という開発コード名で呼ばれていた。AMDが7900シリーズで初めて導入した、新アーキテクチャーのGCNを採用している。7700シリーズは7900シリーズのすぐ下の位置付けでは無く、AMDはこれらの間にもう1つの製品群を予定している。開発コード名「Pitcairn」で、間もなく正式発表になる見込みだ。

AMDのグラフィックスチップのロードマップ。Radeon HD 7900シリーズは、7970と7950を発売済み。今回、7770と7750が登場した。次は「Pitcairn」の開発コード名で呼ばれる製品が登場する。図はAMDの資料より抜粋した。以下同じ。
[画像のクリックで拡大表示]

 Radeon HD 7700シリーズは7900シリーズの特徴を引き継いでいる。PCとの接続はPCI Express 3.0にも対応、多画面出力技術「Eyefinity 2.0」、立体視出力の「HD3D」、電力制御の「PowerTune」、省電力技術「ZeroCore Power」、動画支援の「Video Codec Engine(VCE)」、映像を手ぶれ補正する「Steady Video 2.0」などだ。

電力制御の「PowerTune」、省電力の「ZeroCore Power」、多画面出力の「Eyefinity 2.0」、動画支援の「Video Codec Engine」、手ぶれ補正「Steady Video 2.0」など主要な機能はRadeon HD 7900シリーズと同じだ。
[画像のクリックで拡大表示]

Radeon HD 7700シリーズの内部構造。最大10個のCU(Compute Unit)を備える。メモリーのバス幅は128ビットだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 Radeon HD 7770 GHz Editionと7750の主な違いはシェーダーである「Stream Processor」の数と、コアの動作周波数。AMDはRadeon HD 7770のコアは640個のStream Processorを備えており1GHzで動作する。7750は512個、800MHz動作だ。AMDは、コアが1GHzで動作することを「世界で初めて」として積極的にアピールしている。7770の名称にわざわざ「GHz Edition」と付けているのはそのためだ。

Radeon HD 7750と7770 GHz Editionの主な仕様。ボードの典型的な消費電力はそれぞれ55Wと80W。
[画像のクリックで拡大表示]

●Radeon HD 7000シリーズの主な仕様
※1…典型的な消費電力
HD 7970HD 7950HD 7770
GHz Edition
HD 7750
製造プロセス28nm28nm28nm28nm
トランジスター数43億1000万43億1000万15億15億
コア動作周波数925MHz以上800MHz以上1GHz800MHz
Stream Processor2048個1792個640個512個
演算性能(TFLOPS)3.792.871.280.819
テクスチャーユニット128個112個40個32個
テクスチャーフィルレート
(GT/秒)
118.489.64025.6
ROP32個32個16個16個
ピクセルフィルレート
(GP/秒)
29.625.61612.8
Z/ステンシル128個128個64個64個
メモリー容量GDDR5
3GB
GDDR5
3GB
GDDR5
1GB
GDDR5
1GB
メモリー動作周波数1.375GHz1.250GHz1.125GHz1.125GHz
メモリー転送レート5.5Gbps5Gbps4.5Gbps4.5Gbps
メモリー転送速度
(GB/秒)
2642407272
搭載ボードの消費電力最大250W最大200W80W*155W*1

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ チップの発表に合わせて、ボードメーカー各社が一斉...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【北川 賢一のIT業界乱反射】

    富士通株価上昇のナゾ

     春の珍事と言うべきか、はたまた当然の結果と見るべきか。富士通の株価が急上昇し、2年ぶりの高値を付けた。富士通は4月28日の取引終了後に前年度比5%の減収、2%増益の2016年度連結決算を報告したが、その後の2週間で株価が15%上昇し、5月11日には800円の高値を付けたのである。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る