• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

加藤電機、スマホで操作・確認できる通信サービス付き自動車盗難防止装置

鴨沢 浅葱=Infostand 2011/11/11 PC Online

 加藤電機は、通信機能を内蔵した自動車盗難防止装置「HORNET 370V」を2011年11月24日に発売する。異常時のメール送信やGPSによる車両位置連絡機能を備え、盗難に遭った車両を追跡できる。Webサイトでの価格は7万3290円。

 ガラス割り、エンジン始動、ドアのこじ開けを検知して警報音を発する自動車盗難防止装置。純正のキーレスエントリーに対応し、手持ちのキーレスリモコンの操作でオン・オフできる。

 通信機能は、KDDIの通信回線を利用。車両の位置を地図で確認できる「位置検索サービス」、車両の異常を検知した場合にメール通知する「緊急通報サービス」、警報後5分おきに位置検索を50回実施する「警報後の位置検索サービス」を利用できる。スマートフォンや携帯電話から操作できる。

 初期費用は、回線事務手数料が3150円、通信開通手数料が1万290円、サーバー登録料が3150円。月額基本料金が1029円から。位置検索サービスは1回105円。緊急通報サービスが1回32円。通報後の位置検索サービスが1回1050円。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【FPGAって何?】

    FPGAはどうやって機能を組み替えるのか

     FPGAは、端的に言えばSRAMと配線の塊と言っても間違いではない。SRAMとはランダムアクセス可能なメモリーの一種で、記憶保持のための動作を必要としない点が特徴だ。なぜ、SRAMを使って回路が作れるのか、といったFPGAの本質的な話を今回は解説する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る