• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ニュース

USBストレージからWindowsを起動、アーク情報システムが新製品

「BOOT革命/USB Ver.5」を発表、HDDとUSBメモリーに両対応

菅井 光浩=日経パソコン 2011/09/16 日経パソコン

 アーク情報システムは2011年9月16日、USB接続のストレージ(外部記憶装置)からWindowsを起動するソフト「BOOT革命/USB Ver.5」を発表した。同じパソコンで複数のOS環境を切り替えて使いたい場合や、自分のパソコン環境を外出先など別のパソコンで利用したい場合などに役立つ。10月14日に発売する。

 新製品では、USB接続の外付けハードディスク(HDD)に加え、USBメモリーやSDメモリーカードなどのフラッシュメモリーからWindowsを起動できる。従来製品は、フラッシュメモリーからWindowsを起動することができず、フラッシュメモリー向けには別製品の「BOOT 革命/USB Memory」を提供していた。

 「Basic」「Standard」「Professional」の3つのエディションで構成されている。下位版のBasicは、パソコンの内蔵HDDにインストールされているWindows環境をUSBストレージに複製する機能を備える。中位版のStandardは、Basicの機能に加え、OSを格納したDVDなどからOSを新規インストールする「エクスターナル」機能を搭載する。上位版のProfessionalは、Standardの機能に加え、USBストレージ内のWindows環境をパソコンの内蔵HDDに書き戻す「復元」機能を備える。

 価格はBasicが8280円、Standardが9980円、Professionalが11800円。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る