• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Googleの検索結果から「.co.cc」ドメインを排除、目的は悪質サイト対策

1100万件のサイトが対象、ただし「あまり意味はない」との声も

勝村 幸博=日経パソコン 2011/07/11 日経パソコン

 米トレンドマイクロなどは2011年7月8日、検索サイト「Google」の検索結果に、「.co.cc」ドメインのWebサイトが表示されなくなったことを伝えた。同ドメインのサイトには、ウイルス(悪質なプログラム)が置かれたサイトやフィッシング詐欺サイトが多数含まれるためだという。

 同社などによれば、Googleの検索結果に、.co.ccドメイン(ドメイン名の最後が.co.cc)のWebサイトが表示されなくなったという。実際、例えばGoogleの検索窓に「site:.co.cc」と入力して、「.co.cc」のサイトを表示させようとすると、「一致する情報は見つかりませんでした」と表示される(図1)。

 検索結果から排除された理由は、.co.ccドメインのサイトには、悪質なサイトが多数含まれるためとしている。悪質サイト対策の一環として米グーグルでは、.co.ccドメインのおよそ1100万サイト全てを、検索結果に表示されないようにした。

 この対策についてトレンドマイクロでは、あまり意味がないとコメントしている。というのも、主なサイバー犯罪者は、.co.ccドメインから、「.rr.nu」や「.co.tv」などに既に移行しているためだという。

 同社の調べによれば、現時点における.co.ccドメインの悪質サイトは3万4986件。一方、.co.tvドメインは8422件、wo.tcドメインは7332件、dlinkddns.comは7161件など(図2)。.co.ccドメイン以外にも悪質サイトは多数存在するため、.co.ccドメインの排除は一時しのぎにしかならないとしている。

 加えて、.co.ccドメインの悪質サイトが、検索結果に表示されることはまれだとしている。ユーザーが、検索結果から悪質サイトに直接誘導されることは少ないためだ。ほとんどの場合、.co.ccとは異なるドメインのWebサイトが“入り口”になり、何回かリダイレクトされた後に、.co.ccドメインのサイトに誘導されるという。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    プログラミングを社会の授業で教えたい

     人工知能が既存の仕事を奪う一方、新しい仕事を生み出すと予想されている時代。プログラミングを通してコンピュータの性質を体験的に理解し、コンピュータと社会や仕事の関係を、小さいころから考えることが、今後非常に重要になる。

  • 【東京五輪のワクワクIT】

    五輪効果は32兆円、走り出すIT企業

     2020年の東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの開催まであと3年だ。2017年3月6日には東京都が、招致決定の2013年からの10年間で東京五輪・パラリンピックの経済効果は32兆円になるとの試算を発表。こうした市場を狙い、IT企業も動き出している。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る