• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「Androidスマートフォン市場にはチャンスがある」

スマートフォン2011春・テックファームの矢吹 通康氏が講演

中村 稔=日経パソコン 2011/04/28 日経パソコン

 2011年4月28日、スマートフォンの総合イベント「スマートフォン2011春」で、携帯アプリの開発などを手がけるテックファームの矢吹 通康氏が登壇。スマートフォンにおける待ち受け画面ビジネスの展望を語った。

 冒頭で矢吹氏は、スマートフォン市場について言及。携帯電話の販売台数は2007年度をピークに頭打ちなのに対し、スマートフォンの販売台数は右肩上がりを続けていると述べた。

 そのうえで、モバイル向けコンテンツ市場について触れ、今後は携帯電話で一般的な待ち受け画面のコンテンツが、スマートフォンでも普及すると予想した。矢吹氏が示した総務省の統計によると、2009年度の待ち受け画面サービスの市場規模は226億円。売り上げの大半は携帯電話の利用者によるもの。矢吹氏は、将来的に携帯電話の利用者がスマートフォンに移行することで、そこに新たな需要が生まれると見込む。

 矢吹氏が特に注目しているのが、Android搭載スマートフォンだ。「Androidは、iPhoneのような技術的制約が少ない。待ち受け画面上に情報をプッシュ配信することも可能だ。広告ビジネスと融合させるチャンスもある」と期待感を表した。

 一方で「Androidには、課金プラットフォームの土壌が整っておらず、月にいくらなどのサブスクリプションがない。また著作権保護の仕組みが弱いので、コンテンツの保護がしづらい」(矢吹氏)。Androidプラットフォームの整備が遅れている点を指摘した。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る