• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

マイクロソフトとアドビ、危険な脆弱性を修正するパッチ公開へ

2009年12月9日にそれぞれ公開、IEやFLASH PLAYERなどの脆弱性を解消

勝村 幸博=日経パソコン 2009/12/04 日経パソコン

 米マイクロソフトと米アドビシステムズは2009年12月3日(日本時間12月4日)、ソフトウエア製品の脆弱(ぜいじゃく)性を修正するパッチ(セキュリティ更新プログラム)を、12月8日(日本時間12月9日)にそれぞれ公開することを明らかにした。一部の脆弱性については、脆弱性を突くプログラムが公開されている。

 マイクロソフトが公開予定の脆弱性情報およびパッチは6件。危険度が最悪の「緊急」に設定されている脆弱性情報が3件、2番目に危険な「重要」が3件。対象製品は、Windows、Internet Explorer(IE)、Office。

 IEの脆弱性情報には、第三者により既に公表されている脆弱性が含まれる予定。この脆弱性を突くプログラムもインターネットで公開されている。このため同社では、11月24日に脆弱性の概要(セキュリティアドバイザリ)を公開して注意を呼びかけた。

 アドビシステムズが公開するのは、FLASH PLAYERやAIRの脆弱性情報ならびにパッチ(アップデート)。これらの脆弱性の危険度は、いずれも最悪の「Critical(クリティカル)」。悪用されると、ウイルスなどを勝手に実行される恐れなどがある。

 マイクロソフト製品のパッチは、Microsoft Updateから適用可能。自動更新機能を有効にしていれば自動的に適用される。同社Webサイトからも入手可能。アドビシステム製品のパッチについては、同社のWebサイトなどから入手する。

  • 米アドビシステムズの情報

    あなたにお薦め

    連載新着

    連載目次を見る

    今のおすすめ記事

    ITpro SPECIALPR

    What’s New!

    経営

    アプリケーション/DB/ミドルウエア

    クラウド

    運用管理

    設計/開発

    サーバー/ストレージ

    クライアント/OA機器

    ネットワーク/通信サービス

    セキュリティ

    もっと見る