• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Windows 7の国内価格が発表、Home Premiumは期間限定で7777円

金子 寛人=日経WinPC 2009/06/26 日経WinPC

 マイクロソフトは2009年6月26日、パソコン向け次期OS「Windows 7」の日本における製品ラインアップと参考価格を発表した。

 ラインアップは最上位版の「Windows 7 Ultimate」、ドメイン参加機能などの付いた中位版の「Windows 7 Professional」、家庭向けの低価格版の「Windows 7 Home Premium」の3モデルから成る。Home Premiumの通常版の参考価格は税込みで2万6040円(本体価格2万4800円)、アップグレード版は同1万6590円(本体価格1万5800円)。アップグレード版の対象となるパッケージ製品は、Windows XP/Vistaのすべてのエディション。このほか、企業向けの上位モデル「Windows 7 Enterprise」、基本機能のみに絞った「Windows 7 Starter」も用意するが、これらは店頭販売しない。

 Windows 7の発売に併せ、同社は3種類のキャンペーンを実施する。今夏にWindows Vistaのパッケージ製品やDSP版、プリインストールパソコンを購入したユーザーを対象に、Windows 7のアップグレード版を割引販売する「優待アップグレード」キャンペーンを実施する。Windows Vista UltimateからWindows 7 Ultimateへ、Windows Vista BusinessからWindows 7 Professionalへ、Windows Vista Home PremiumからWindows 7 Home Premiumへ、それぞれ割引価格でのアップグレードが可能。

製品名 参考価格(税込み)
Windows 7 Ultimate通常版4万740円
 アップグレード版2万8140円
Windows 7 Professional通常版3万9690円
 アップグレード版2万7090円
Windows 7 Home Premium通常版2万6040円
 アップグレード版1万6590円

 このほか個人ユーザー向けには、6月26日から7月5日までの期間限定で、Windows 7 Home Premiumのアップグレード版を7777円、Windows 7 Professionalのアップグレード版を1万4777円で割引販売する。法人ユーザー向けには、Windows VistaからWindows 7 Enterpriseへアップグレードする場合、ライセンス価格を割り引く。

 同社は同日10時から、Windows 7に関する報道関係者向けの説明会を開催している。説明会の模様は追って報じる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る