• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Adobe ReaderやFlash Playerの脆弱性を突く「Webウイルス」に注意

セキュリティ組織が警告、Webページにアクセスするだけで被害の恐れ

勝村 幸博=日経パソコン 2009/05/19 日経パソコン

 セキュリティ組織の米US-CERTや米サンズインスティチュートは2009年5月18日、Webページに感染する(埋め込まれる)タイプの新しいウイルス(ここでは「Webウイルス」とする)が出回っているとして注意を呼びかけた。古いAdobe ReaderやFlash Playerを使っている場合には、ウイルスが埋め込まれたWebページにアクセスするだけで感染する恐れがある。

 今回報告されたのは、「JSRedir-R(ジェイエス・リダイレクト・アール)」あるいは「Gumblar(ガンブラー)」などと呼ばれるウイルス。感染数が急増しているとして、セキュリティ企業の英ソフォスなども警告。同社によれば、2009年5月6日から同月13日までの同社の観測データでは、Webページに埋め込まれるタイプのウイルスの42%が、このウイルスだったという。

 今回報告されたウイルスの実体はJavaScriptで書かれたプログラム。攻撃者は何らかの方法で正規サイトに不正侵入し、このウイルスをWebページに埋め込む。不正侵入の方法については明らかになっていないものの、US-CERTでは、(1)パスワードを盗まれて侵入されるケース、(2)サーバーの設定不備を突かれて侵入されるケース、(3)Webアプリケーションの脆弱性を突いて侵入されるケースなどが考えられるとしている。

 ウイルスには、Adobe ReaderやFlash Playerの脆弱性を悪用する仕掛けが施されている。このため、これらのソフトをアップデートしていないパソコン(脆弱性が存在するパソコン)では、該当のWebページにアクセスするだけで、ウイルスに感染する恐れがある。ウイルスに感染すると、ユーザーが入力したパスワードを盗まれるなどの被害に遭うという。

 被害に遭わないためには、Adobe ReaderやFlash Playerを最新版にして脆弱性を解消することが不可欠。ウイルス対策ソフト(セキュリティ対策ソフト)を最新の状態で使用することも重要だとしている。また、自分が管理するWebサイトが感染源にならないように、サイト管理者も十分注意する必要があるとしている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る