• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

PhotoFastのSSD「G-Monster V3」はOCZ「Vertex」と同じ?

坂口 裕一=日経WinPC 2009/03/26 日経WinPC

 モバイルモードは2009年3月中旬、PhotoFastブランドの新型SSD「G-Monster V3」(PF25S128GSSDV3、128GB)を発売した。実勢価格は5万円前後。日経WinPC編集部はサンプル品で、その性能を検証した。

 G-Monster V3は、OCZ Technologyの最新SSD「Vertex Series」と同様に、Indilinx製コントローラーを内蔵する。エルピーダメモリ製のキャッシュメモリー(64MB)やSamsung Electronics製のフラッシュメモリーを搭載する点も、Vertex Seriesと同じだ。128GBモデルでは、基板の表裏でフラッシュメモリーを16枚搭載している。

モバイルモード(PhotoFast)の「G-Monster V3」。外装は金属製で、白く塗装してある。
[画像のクリックで拡大表示]

Indilinx製コントローラーとエルピーダメモリ製のキャッシュメモリー、Samsung Electronics製のフラッシュメモリーを搭載している。OCZ TechnologyのSSD「Vertex Series」と同じだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 過去に、Vertex Seriesの転送速度を測定したところ、順次読み出しが242MB/秒など、自作PC向けのSSDでは最速クラスだった。同じコントローラーを使うG-Monster V3も同等の速さが期待できる。早速、ベンチマークテストを実施した。

 結果はグラフの通り。「Sandra 2009」(SiSoftware)の「File Systems」の結果では、順次読み出しが213MB/秒など、各項目ともOCZ製Vertex Seriesの30GBモデルと120GBモデルの間に位置する結果だった。なお、OCZのVertex Seriesは、容量によって転送速度が異なる仕様になっている。

「Sandra 2009」(SiSoftware)の「File Systems」の結果。G-Monster V3の転送速度は、OCZ製Vertex Seriesの30GBモデルと120GBモデルの中間の結果となった。
[画像のクリックで拡大表示]

 ストレージ機器の読み書き速度を測る定番のソフト「CrystalDiskMark」(ひよひよ氏作)の結果でも、OCZ製Vertex Seriesの120GBモデルより、一部の項目を除いて、全体的にやや遅かった。ただ、現在購入できる自作PC向けのSSDとしては、かなり高速だといえる。

「CrystalDiskMark」(ひよひよ氏作)の結果。データ量は100MB。OCZ製Vertex Seriesの120GBモデルより、「512K」のランダム読み出しなどを除いてやや遅かった。
[画像のクリックで拡大表示]

データ量を1000MBとしたときの結果。こちらも同様に、「512K」のランダム読み出しなどを除いて、OCZ製Vertex Seriesの120GBモデルよりもやや遅かった。
[画像のクリックで拡大表示]

 G-Monster V3は、128GBモデルのほか、32GBの「PF25S32GSSDV3」(実勢価格は2万円)、64GBの「PF25S64GSSDV3」(実勢価格は3万円)が販売されている。

日経WinPCでは、PCパーツをベンチマークテストで徹底的に評価し、ライバル製品と比較した記事を毎号掲載しています。WinPCはPC自作の総合情報誌です。 >> 最新号の目次とご購入はこちら

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る