• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ニュース

手持ちのケータイで操作――東芝がヨドバシAkibaの壁面ディスプレイでゲーム大会

巨大ディスプレイに「ぱらちゃん」が登場

平野 亜矢=日経パソコン 2009/03/23 日経パソコン

 東芝は2009年3月20~22日の3日間、東京・秋葉原にあるヨドバシカメラマルチメディアAkiba店において、店舗壁面の大型ディスプレイ(デジタルサイネージ)を利用したゲームイベントを実施した。イベントでは、同店舗の来店者に加え、YouTubeからも参加者を募集。東芝によると、屋外のディスプレイと動画共有サイトを連動させる企画は世界初だという。

 今回のイベントは、東芝のノートパソコンの販売促進と、インターネットを介して情報をリアルタイムに送受信できるデジタルサイネージのアピールを兼ねたもの。東芝のノートパソコンのキャラクター「ぱらちゃん」を使ったゲームに、マルチメディアAkiba店の来店者とYouTubeのユーザーが同時に参加して、直接対戦した。

 同イベントでは、店頭の参加希望者は、ゲーム開始前に大型ディスプレイに表示される電話番号に携帯電話から電話をかけて参加を表明。YouTubeの参加希望者は、YouTube内の東芝特設サイト「toshiba note pc チャンネル」にアクセスして参加を表明する。こうして毎回、店頭の4人、YouTubeの2人が先着順に選出され、ゲーム開始となる。
 
 ゲームが始まると、店頭の参加者は大型ディスプレイを見ながら携帯電話のナンバーキーを押して、YouTubeの参加者はパソコンのキーボードのキーを押して、画面上のはけマークを操作する。はけでマス目を塗りつぶしていき、90秒間で最も多くのマスを塗りつぶした参加者が勝ち。勝者が店頭の参加者だった場合には、賞品として「ぱらちゃんパーカー」がプレゼントされた。

 店頭の参加者の中には、「店舗内のノートパソコン売り場でこのゲームがあることを知り、参加した」という人がいた。また、通りがかりにほかの来店者がゲームを楽しむ様子を見て足を止め、参加したユーザーも多かった。東芝の担当者は、「今回はパソコンの販促が目的だったが、今後は新しい販促手法として、白物家電などにも活用したい」と話した。

 なお、ゲームイベント終了後もYouTobeの東芝特設サイトでは同ゲームを楽しめる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る