• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

OCZのSSD、30GB版は遅め? Vertexを再テスト

笹本 英玄=日経WinPC 2009/03/12 日経WinPC

 2009年3月、OCZ Technologyの最新SSD「Vertex Series」が東京・秋葉原のPCパーツショップで発売された。日経WinPC編集部はサンプル版の120GBを入手して、性能を検証したが(関連記事:OCZの超高速SSD「Vertex Series」をベンチ)、今回はVertex Seriesの30GBモデルを購入し、120GBモデルとの性能差を検証した。

OCZ Technologyの最新SSD「Vertex Series」の30GBモデル(OCZSSD2-1VTX30G)。3月11日時点では品切れの店舗が多いためか1万3000~1万8000円程度と値段にばらつきがある。今回の購入価格は1万3800円。
[画像のクリックで拡大表示]

 Vertex Seriesは新型コントローラーチップと、64MBという大容量キャッシュメモリーの搭載を売りにしたMLC(Multi Level Cell、多値型)タイプのSSD。編集部で検証した120GBモデルは、順次読み出しで最大240MB/秒、順次書き込みで124MB/秒と速かった。

 製品パッケージや同社のWebページに記載してある仕様によると、30GBモデルは読み出しが最大230MB/秒、書き込みが最大135/秒。120GBモデルの仕様より、読み出しは20MB/秒、書き込みは45MB/秒遅くなっている。

パッケージ背面の「SPECIFICATIONS」には、読み出しの最高速度は230MB/秒、書き込みの最高速度は135MB/秒と書かれている。同社のWebページにも同じ数値が掲載されており、120GBモデルは読み出しの最高速度が250MB/秒、書き込みの最高速度は180MB/秒と書かれている。
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 購入した30GBモデルも基板の構造はほとんど変わ...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    システム開発の計上に新ルール、JISAが準備呼びかけ

     情報サービス産業協会(JISA)は2017年3月22日、「情報サービス産業におけるIFRS第15号会計処理事例集(以下、事例集)」を公開した。IFRS(国際会計基準)が定める売上高の計上基準「IFRS15号」にのっとって、受託開発やクラウドサービスの会計処理を実施するための参考資料となる文書だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る