• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

最速は池袋?東京の名所でWiMAXをテスト

接続できれば実効速度10Mbpsも可能

庵地 裕彦=日経WinPC 2009/03/03 日経WinPC

 UQコミュニケーションズが2009年2月26日に開始したブロードバンド通信サービス「UQ WiMAX」。評価用のデータ通信端末「UD01NA」とソニーのミニノート「VAIO type P」を使って、開業6日目の3月3日時点の通信環境をテストした。同社が公開しているカバーエリアを見る限り、主要な駅は重点的にカバーされていそう。そこで、駅から少し離れたところにある、東京の観光名所などを回って、転送速度を調べることにした。

 テストの詳細の前に、UD01NAの外観を見ていこう。

[画像のクリックで拡大表示]

 UD01NAの外箱。縦横は約13cm。表面は強い光沢がある。

[画像のクリックで拡大表示]

 箱を開けたところ。入っているのは端末と説明書だけ。USB端子部分には半透明のキャップがある。

[画像のクリックで拡大表示]

 端末の外形寸法は幅33×奥行き110×厚さ20mm(キャップ含む)。一昔前のUSB接続の無線LAN子機と似ている。隣は大きさ比較のために用意したSDメモリーカード。

[画像のクリックで拡大表示]

 コネクター部分は2軸で回転できる。デスクトップPCに挿す場合でも自由度が高く便利に使えるだろう。

[画像のクリックで拡大表示]

 きょう体背面の様子。無線LAN機器と同様にMACアドレスが書かれている。

[画像のクリックで拡大表示]

 VAIO type Pに挿したところ。アンテナは自由に回転するが、机上に置いた場合は机と干渉するため、右側に倒すことしかできない。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ セットアップは非常に簡単
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る