• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

容量2TBのHDD、WD20EADSの速度を計測

Western Digitalの「Caviar Green」シリーズ、ディスク当たり500GB

坂口 裕一=日経WinPC 2009/02/27 日経WinPC

 2009年2月27日、史上最大の容量となる、Western Digital製の2TBのHDD「Caviar Green WD20EADS」が発売になった。実勢価格は3万5000円前後。日経WinPC編集部は、サンプル品を入手し、ベンチマークソフトで転送速度を測定した。

 Caviar Green WD20EADSは、内部のディスク1枚で500GBを記録可能。このディスクを4枚内蔵して、2TBを実現している。現在販売されているHDDでは最大の容量だ。

 Caviar Greenは、低消費電力をうたうシリーズの製品で、これまでのHDDは回転数が5400回転/分だった。Western Digitalは「WD20EADSは、5400回転/分から7200回転/分の間」と説明している。とはいえ、動作中に回転数が変化したり、個体によって回転数が変わるわけではなく、同じ型番の製品は同じ回転数に固定されているという。

 「Sandra 2009」(SiSoftware)の「File Systems」の結果は、グラフの通り。3.5インチHDDで、ディスク1枚に500GBを記録できるのは現時点では最高の密度だ。しかし、回転数が低いためなのか、速度はさほど上がらなかった。グラフ中で比較しているSeagate TechnologyのHDD「Barracuda 7200.12」(1TB)は、同じくディスク1枚に500GBを記録できるが、回転数は7200回転/分。順次読み書きは120MB/秒を超える速さだった。

 WD20EADSは、速度を求めるより、大容量を生かしたバックアップ用途に向いている。現在1TBのHDDは8000円前後なので、WD20EADSの容量当たりの価格は1TBモデルの2倍以上と割高。Western Digitalは「1TBのHDDを2台使うよりも7割の消費電力を削減できる」とアピールしている。

日経WinPCでは、PCパーツをベンチマークテストで徹底的に評価し、ライバル製品と比較した記事を毎号掲載しています。WinPCはPC自作の総合情報誌です。 >> 最新号の目次とご購入はこちら

■変更履歴
記事公開時、Western Digitalのコメントとして「1GBのHDDを2台使うよりも7割の消費電力を削減できる」としていましたが、1GBではなく1TBです。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2009/03/02 12:00]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【グルメサイトRettyのAI舞台裏】

    Rettyが50万円で作った儲かるAI

     AI(人工知能)が人から仕事を奪う。これは遠い未来のことではありません。私がCTO(最高技術責任者)を務めるグルメ情報サービスRettyでは、深層学習などの技術を使って、従来は人がしていた仕事を自動化するAIを開発し、運用しています。

  • 【ニュース解説】

    システム開発の計上に新ルール、JISAが準備呼びかけ

     情報サービス産業協会(JISA)は2017年3月22日、「情報サービス産業におけるIFRS第15号会計処理事例集(以下、事例集)」を公開した。IFRS(国際会計基準)が定める売上高の計上基準「IFRS15号」にのっとって、受託開発やクラウドサービスの会計処理を実施するための参考資料となる文書だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る