• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Seagate製500GB/ディスクのHDDをベンチ

3.5インチのHDDとしては最高クラスの性能

坂口 裕一=日経WinPC 2009/02/24 日経WinPC

 Seagate Technologyは2009年2月中旬、内蔵するディスク1枚に500GBを記録できるHDD「Barracuda 7200.12」(ST31000528AS、1TB)を発売した。実勢価格は9000円前後。日経WinPC編集部はサンプルを入手し、ベンチマークソフトで転送速度を測定した。

 ディスク1枚に500GBを記録できるのは、現行の3.5インチHDDでは最大となる。これまで500GB/ディスクを使った1TB以上の製品としてSamsung Electronics製HDDが販売されていたが、回転数は5400回転/分。これに対して、SeagateのST31000528ASや同じディスクを使った500GBモデルの「ST3500410AS」は7200回転/分のため、転送の速さが期待できる。

 「Sandra 2009」(SiSoftware)の「File Systems」による結果は、右の通り。順次読み書きは、120MB/秒を超え、3.5インチHDDでは最速クラスだった。最新のSSDとの比較では、HDDが得意とする書き込みは速かったものの、SSDが得意な読み出しでは大きく差が付いた。

 「CrystalDiskMark」(ひよひよ氏作)の結果は、512KBのランダム書き込みで、今回比較した最新のSSDより高速だった。その他の結果は、SSDの方が速かった。

日経WinPCでは、PCパーツをベンチマークテストで徹底的に評価し、ライバル製品と比較した記事を毎号掲載しています。WinPCはPC自作の総合情報誌です。 >> 最新号の目次とご購入はこちら

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る