• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ニュース

セイコーインスツル、パソコンと接続して利用できる電子辞書を発表

梅澤 恵美=フリーランスライター 2008/11/19 PC Online

 セイコーインスツルは2008年11月19日、パソコンと接続して利用できるビジネスユーザー向けの電子辞書「SR-G9001」を11月30日に発売することを発表した。価格は7万円。

 SR-G9001は、パソコンとUSB経由で接続することで、パソコンからも電子辞書の内蔵コンテンツが検索できる機能を備えている。語義や例文などを、パソコンで作成している文書にコピー・アンド・ペーストして利用することも可能。

 調べたい単語を内蔵しているコンテンツから一括で検索できる「一括検索」や、複数の英単語から例文を調べられる「例文検索」などがある。そのほか、2つのコンテンツを同時に表示できる機能や英和辞書の発音を聞けるなどの機能が備わっている。

 コンテンツは、語義検索から英文ビジネスレター文例など30種類を搭載、「日経パソコン用語事典2008」も収録されている。

 ディスプレイは5.2型モノクロ液晶、本体サイズは幅142×105.5×厚さ16~22.8mm、重さは約250g。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    提唱者が解説、なぜ「情報銀行」を設立するか

     GPS(全地球測位システム)データや鉄道の乗降データなど「人の動き」に関するビッグデータを解析し、防災や医療に役立つように可視化する。この一連の研究に取り組むのが柴崎亮介氏だ。個人のデータの蓄積が進めば社会はより良くなるとの考えの下、技術の研究に留まらず「情報銀行」の設立を推進する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る