• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

【CEATEC】“新生”パナソニックが考える未来のUI(動画公開中)

染原 睦美=日経パソコン 2008/10/02 日経パソコン

 千葉市・幕張メッセで開催中のITエレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2008」でパナソニック(2008年10月1日に松下電器産業から社名変更)は、新しいユーザーインタフェース(UI)の提案をしている。1つは人間の動きでディスプレイ上の画像を操作できる「空間ハンドジェスチャーUI」、1つはパソコンのタッチパッドのようなUIを採用した「イージータッチリモコン」だ。

 空間ハンドジェスチャーUIは、その名のとおり、手や腕の動作をディスプレイ上に設置したセンサーが読み取る技術。両手を前に出して広げることで画像を大きくしたり、写真上にかざした片手を「ぎゅっ」と握ることで写真を移動させたりすることができる。

 イージータッチリモコンは、2つのタッチパッドと複数のボタンを備えるリモコン。リモコンのボタンは液晶画面上に表示され、それぞれのアプリケーションに対応した画面が表示される。右手で持っているか左手で持っているかも判断でき、そのつどボタンの位置を自動的に変更する。加速度センサーを搭載し、リモコンを振ったりすることで画面を操作をしたり、縦方向横方向の持ち方によって操作を使い分けたりもできる。

 パナソニックのAVセンシンググループ グループマネジャーの今川和幸博士は「将来的に、人々の“画面”へのかかわり方は多様になってくるはず。家の中の大画面で皆が操作するようなシチュエーションなどを考えると、さまざまなUIを今後も検討すべきと考えている」と話した。今回展示している技術を製品に反映できるのは2015年以降になるという。

空間ハンドジェスチャーUIの動画を公開中!

イージータッチリモコンの動画を公開中!

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る