• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Auzentech、X-Fiチップ搭載の新サウンドボード発売

西村 岳史=日経WinPC 2008/09/18 日経WinPC

 サウンドボードを手がけるAuzentechの日本法人であるDTC Japanは2008年9月18日、「Auzen X-Fi Prelude 7.1」を発売した。PCIスロット用のサウンドボードで希望小売価格は2万4800円。

 Auzen X-Fi Prelude 7.1の大きな特徴は、「Sound Blaster」シリーズで有名なCreative Technology製チップ「X-Fi Xtreme Fidelity」を搭載している点。

 ゲームなどで音響効果をリアルにする「EAX ADVANCED HD」、サラウンド効果の「X-Fi CMSS-3D」、非可逆圧縮形式の音声データを再生時に補間する「X-Fi Crystalizer」、対応ゲームで処理の負荷を軽減する64MBの「X-RAM」など、Auzen X-Fi Prelude 7.1はCreative製サウンドボードの特徴も備えている。

 D/Aコンバーターは旭化成エレクトロニクスの「AK4396」。S/Nは120dB。ステレオだけでなく、7.1チャンネル用も含めて計4個搭載する。オペアンプは、National Semiconductorの「LM4562」。ソケット式になっており、別途オペアンプを購入して容易に差し替えられる。

 ボードの端子としては、ライン出力のステレオミニ×4、ライン入力のステレオミニ×1、光と同軸のデジタル入出力、マイク入力などがある。「Dolby Digital Live」「DTS Interactive」に対応しており、サウンドボードで生成したサラウンド音声データをリアルタイムにエンコードし、デジタル端子から出力可能だ。

 販売はオンラインショップのみ。当面はクリエイティブメディアのWebサイトや、Amazon.co.jpで販売する。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る