• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

「軽さ」と「速さ」を強化、ジャストシステムが対策ソフト新版

OSの起動時間やスキャン時間を短縮、セキュリティ対策機能も強化

勝村 幸博=日経パソコン 2008/09/10 日経パソコン

 ジャストシステムは2008年9月10日、統合セキュリティ対策ソフト「カスペルスキー インターネット セキュリティ 2009」とウイルス対策ソフト「カスペルスキー アンチウイルス 2009」を発表した。価格は1万2800円および8800円(いずれも税別。有効期間は1年)。発売は2008年10月3日。

 カスペルスキー インターネット セキュリティ/アンチウイルス 2009は、ロシアのセキュリティ企業であるカスペルスキー研究所が開発した対策ソフトの新版。インターネット セキュリティ 2009は、ウイルス対策に加え、パーソナルファイアウオールや迷惑メール対策機能などを備える統合製品。一方、アンチウイルス 2009は、主にウイルス対策に特化した製品。

 今回発表された両製品の特徴の一つは、パフォーマンスの向上。例えば、同製品をインストールしたパソコン(OS)の起動時間を短縮した。カスペルスキー研究所の調べによれば、前バージョンに比べて、パソコンの起動時間を40%短縮。「対策ソフトをインストールしていないパソコンとほとんど変わらないぐらいに速くなった」(ジャストシステム アライアンスビジネス部 セキュリティビジネスグループ Kasperskyプロジェクトの加納正喜氏)。

 ウイルスを検出するためのエンジン(プログラム)を一新し、検査速度(スキャン速度)も向上したという。例えば、およそ1万5000のファイル(総容量は3Gバイト程度)を収めたハードディスクを完全スキャンするのにかかる時間を計測したところ、1回目のスキャンでは30%短縮、2回目以降のスキャンでは86%短縮できたという。つまり、2回目以降のスキャンでは、前バージョンのおよそ14%の時間で終了することになる。

 新版ではウイルス定義ファイルの更新間隔も短縮し、新種ウイルスに備えるという。従来は1時間に1回程度の更新だったが、2007年9月以降、定義ファイル更新のためのシステムを刷新。現在では、およそ45分に1回程度の割合で、新しい定義ファイルを配信しているという。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ そのほかの新機能として「セキュリティ診断」がある...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る