• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

Eee PC 901-X専用SSD、バッファローが9月にも発売

32GBで1万5000円前後、64GBで3万円前後か

金子 寛人=日経パソコン 2008/07/24 日経パソコン

 バッファローは2008年7月24日、台湾アスーステック・コンピューター(ASUSTeK、ASUS)の低価格ミニノート「Eee PC 901-X」専用の増設SSD「SHD-EP9M32G」「SHD-EP9M64G」を開発中であることを表明した。同社は価格や発売日などの詳細を明らかにしていないが、日経パソコン誌の調べによると、32GB品で1万5000円前後、64GB品で3万円前後という価格帯になりそうだ。発売時期は9月ごろとみられる。

 Eee PC 901-Xは、2個のSSDモジュールを搭載している。このうち、Dドライブに割り当てられている容量8GBのSSDは、きょう体の裏ブタを開けることで簡単に交換できるよう設計されている(ただし、裏ブタを開けるとASUSの保証を受けられなくなる)。この8GBのSSDを取り外し、バッファローの大容量SSDを装着することになる。Eee PCの国内第1弾である「Eee PC 4G-X」は、フラッシュメモリーがメイン基板に直接ハンダ付けされており、交換できない。

 Eee PCユーザーの多くは、記憶媒体の容量の小ささに悩まされていた。Eee PC 4G-XはSSDが4GBと少なく、その大半はWindows XPで占有されていた。Eee PC 901-Xは12GB(Cドライブに4GB、Dドライブに8GB)と多少増えたが、アプリケーションソフトやデータを保存すると容量の大半を消費してしまう。そのため多くのユーザーは、大容量のSDHCメモリーカードを増設ドライブ代わりに使うなどしていた。今回のバッファローの増設SSDは、容量が大きい割にSDHCメモリーカードよりビット単価が抑えられる見込みで、ユーザーの支持を集めそうだ。

もっと詳しく

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    IT業界でいまだにあるある?プロジェクト迷走記

     中堅F:この春にうちの部署に配属になってもう3カ月たったけど、仕事は順調かい? 新人O:はい、何とかやっています。でももうすぐ夏期休暇でホッとしています。でも先輩は元気がないですね。 中堅F:取引先といろいろあってね。「なんでこんなに理不尽な目に遭うんだ!」って思うことがときどきあるんだ。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る