• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

1万回転/分の「VelociRaptor」最速ベンチ

坂口 裕一=日経WinPC 2008/05/26 日経WinPC

 2008年1月26日、1万回転/分を誇るWestern Digitalの高速HDD「WD VelociRaptor」(WD3000GLFS、300GB)がWinPC編集部に届いた。その速度を確かめるべく、早速ベンチマークを実施した。

 VelociRaptorは、「WD Raptor」の後継となる製品で、実勢価格は約4万円。従来のWD Raptorは3.5インチフォームファクターで、直径約3インチのディスクを内蔵していた。一方、VelociRaptorは2.5インチフォームファクターとなり、着脱可能な放熱用の専用ヒートシンク「WD-IcePAK」に取り付けて、3.5インチのHDDと同じ形状にしている。

 従来のWD Raptorは最大容量が150GBだったが、VelociRaptorは2倍の300GBに増えた。内蔵するディスクは従来と同じ2枚のため、記録密度は2倍になっている。その分、速度も増加しているはずだ。

 「Sandra 2008」(SiSoftware)の「File Systems」で、HDDの速度を測定し、333GB/ディスクの高記録密度ディスクを内蔵した5400回転/分の「WD10EACS-00D6B0」(1TB)と比較した。WD10EACS-00D6B0も健闘したが、WD3000GLFSの速さは圧倒的。全体で2~4割程度、性能が高かった。特に1万回転/分の高速回転が効き、ランダム読み出し時は、WD10EACSよりも38%高速だった。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    「空気を読む」ばかりでは強くなれない

     「空気を読めよ」。こんな言葉で失言や失態を指摘された記憶はあるだろうか。器用だったり人好きのする性格だったりすれば、記憶にないかもしれない。筆者もときどき言われるが、あまり気にしていない。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る