• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース

アマゾン、サービス開始後初めてのサイトリニューアル

染原 睦美=日経パソコン 2008/04/15 日経パソコン

 アマゾン ジャパンが「amazon.co.jp」のリニューアルに着手した。2008年4月15日から、限定的に新しいWebページを公開している。

 どういったユーザーに対して新しいWebページを公開しているかについては、「アルゴリズムは公開していない」(アマゾン ジャパン)。同じユーザーが同じ環境でアクセスした場合でも、新しいWebページが見られる場合と見られない場合がある。

 正式に新しいデザインに移行する時期は未定。「ユーザーからのフィードバックを見ながら決めていきたい」(アマゾン ジャパン)。今回の変更で、従来上部にあったタブを廃止。項目を左横に配置した。ページ上部には「Amazonポイント」や「ギフト券」など個人の買い物に役立つリンクを用意。

 アマゾン ジャパンがWebサイトのデザインを変更するのは2000年のサービス開始後初めて。リニューアルの理由は「書籍から初めたサービスが成長し、今ではカテゴリーが14個。カテゴリー構造を分かりやすく表示し、ユーザーが商品を探しやすくする必要があった」(アマゾン ジャパン)としている。14個あったカテゴリーは、「DVD」と「ミュージック」など似ているものを一元化。サブカテゴリーの中で分類するようにした。

 今回の変更は、アメリカなど他国でも実施。アメリカでは、すでにすべてのユーザーに対して新しいWebページで運用している。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    テストで欠陥を見逃す、たった三つの要因

     デジタル化が進むほど、システムの品質はビジネスと直結するようになる。止まったり、間違った結果を返したりするバグがあると、ビジネスに直接ダメージを与えてしまう。こうした欠陥を見つけ出し、品質を確保する関門となるのがテストだ。ただ、十分なテストを実施できているかどうか、実のところ心許ない。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る