• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
ネット&携帯料金節約ガイド

スマホのテザリング機能でモバイルルーターが不要に

佐々木 康之=フリーライター、田中 祥子=日経PC21 2012/03/01 日経PC21
出典:日経PC21 2012年3月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 乗り換え体験記(携帯料金編)でも触れたが、通信料の見直しの際、モバイルルーターとしても利用できるスマートフォンは第一選択肢になる。

 スマートフォンを外部モデムのように使うことを「テザリング」と呼ぶ(図1)。国内ではイー・モバイルが早くからテザリング対応機を発売していたが、昨年にはドコモやauも対応機を投入して一気に身近な存在となった。

図1 テザリング対応のスマートフォンはモバイルルーターとして利用できる。パソコンのほか、ゲーム機なども接続可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 使い方は簡単だ。アンドロイド機の場合は設定画面から「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」を有効にすると、パソコンからアンドロイド機が無線LAN親機のように見える(図2、図3)。ホーム画面にテザリングのオンオフを切り替えるアイコンを登録済みの機種もある。

 外出先でパソコンをネット接続するためにモバイルルーターを使っていた人は、テザリング対応のスマートフォンに買い替えるとモバイルルーターが不要になる。持ち歩く機器を減らせるだけでなく、スマートフォンに一本化することで通信料も節約できるわけだ。


■テザリング設定はカンタンだ
図2 アンドロイド搭載のスマートフォンでは、あらかじめ設定画面で親機名(SSID)と暗号化キーを設定しておく
 
図3 設定画面で「ポータブルWiFi…」にチェックを付けるとテザリングが有効になる。パソコンから図2のSSIDに接続しよう

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 自宅でのネット利用が少ないなら
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る