• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

USBメモリー完全活用

(6)人ごとではない!USBメモリーのウイルス感染や情報漏洩を防ぐ

大橋 源一郎=日経パソコン 2012/01/13 日経パソコン
出典:日経パソコン 2011年9月12日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 個人情報などの重要データが入ったUSBメモリーをかばんに入れておいたら、かばんごと盗まれてしまった──。学校や企業がそのような事件を起こして、情報流出事件として報道されることがある。また、USBメモリーが原因で、パソコンがウイルスに感染する事例、いわゆる「USBウイルス」も後を絶たない。USBメモリーを活用する上で、この「情報流出」と「ウイルス感染」を防ぐことは、ビジネスパーソンとして不可欠だ(図1、図2)。

【持ち歩いて使うときはウイルスと情報流出に注意】
図1 本誌が2011年5月に実施した「企業の情報化実態と震災対応に関する調査」(詳細は2011年7月25日号参照)の結果。2010年度中にウイルス感染を経験した企業に感染経路を尋ねると、6割近い企業がUSBメモリーなどの外部記憶装置を挙げた
[画像のクリックで拡大表示]

図2 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の「2010年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」によれば、USBメモリーなどの紛失による個人情報の流出は、件数で全体の12.4%、人数で18.8%に上る。2009年は約105万人の情報が流出した
[画像のクリックで拡大表示]

 では、どのような対策を講じればよいか。個人的にUSBメモリーを使っている場合も、防止策はいくつかある。さらに企業などでは、より強固なセキュリティを備えたUSBメモリーを使う道もある。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ ドライブを開く前に検査
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    屋内トレで夏を乗り切る、無料ヨガアプリの実力

     いよいよ夏休み。ひと息ついて、秋から年末にかけての忙しい時期に備えて、エネルギーチャージをしておきたいところだ。それに向けて大事になってくるのが、体のメンテナンスである。そこで今回は、ストレッチやヨガを自宅で実施するための無料iPhoneアプリから、3つを厳選して紹介したい。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る