• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Windows XPとの上手な付き合い方

スッキリ大掃除編(1)知らないうちにたまる不要ファイルを削除する

中村 稔、乗越 政行=ライター 2012/02/24 日経パソコン
出典:日経パソコン 2011年9月26日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 Windows XPを快適に使い続けるには、ハードディスクのCドライブを良好な状態に保つことが大切。特に注意したいのが容量だ。空きが少なくなると、散在する空き領域にファイルが断片化して保存されるようになり、読み書きが遅くなる。また、XPの動作に必要な保存領域が不足すると、動作が不安定になるなどのトラブルが起こりやすくなる。

 Windows XPのCドライブに不要なファイルがたまりやすい。動作中に、一時保存されたファイルが残ったままになることが主な原因だ。Cドライブの空きが不足してきたらこうしたファイルを削除するとよい。

“見えないゴミ”を削除する

 ユーザーが気付かぬうちにCドライブを圧迫しているのが、図1に示した3つのファイルやフォルダーだ。これらは通常は非表示の設定になっており、意外に多くの容量を浪費している。1つめの「MSOCache」フォルダーには、Office 2003で追加機能の導入に使うファイルが収まっている。追加の際にインストールディスクを挿入すれば済むので、ディスクが手元にあるなら削除して問題ない。

●Cドライブにはこんなゴミがたまっている
図1 XPを使い続けていると不要なファイルがたまる場所。この中にある半年以上前のファイルは、まず削除してしまって問題ない
[画像のクリックで拡大表示]

 2つめに消したいのは「システムの復元」のデータだ。XPの標準設定ではCドライブの12%相当を復元ポイントのデータをためる「System Volume Information」という隠しフォルダーに割り当てる。ただ何世代も前の復元ポイントを使うことはめったにない。現状のXPの動作に支障がないなら、直近の復元ポイント以外のデータは削除しても構わない。

 どちらのデータも「ディスククリーンアップ」で削除できる。Cドライブを対象に実行し、それぞれの項目を選んで削除する(図2、図3)。

●Cドライブ直下の不要なファイルを削除する
図2 Officeのセットアップファイルを削除する手順。「マイコンピュータ」で「C:」を右クリックしてプロパティを開き、「ディスクのクリーンアップ」をクリック(左)。「Officeセットアップファイル」のみをチェックして削除する(右)
[画像のクリックで拡大表示]

図3 古い復元ポイントの削除は、図2 右で「詳細オプション」をクリック。「システムの復元」の「クリーンアップ」を実行する
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 3つめに消したいファイルは、WindowsUpd...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る