• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

日本語入力ソフトは切り替えて使え

【MS-IME 2010】最新版のオフィスIMEが無償に

無償IME編

加納 亜子=日経PC21 2010/11/24 日経PC21
出典:日経PC21 2010年12月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 普段の仕事で使うなら、やっぱりMS-IMEがいい。その最新版が「マイクロソフトオフィスIME 2010」(以下MS-IME2010)。Office 2010に付属する製品だが、6月から同社オフィスソフトのユーザーなら無償で利用できるようになった[注]。

 IME 2007と比べると、変換速度が約2倍になり、精度も向上(図1、図2)。直前に確定した文字を再度入力すると第1候補に現れるようになった。変換中の言葉をウェブ検索できる新機能もなかなかの魅力だ。

図1 Office 2010に付属するマイクロソフトの最新IMEが6月から無償配布されている。Office 2007以前のユーザーも利用可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

図2 主に3つほど。無料なのだから試してみる価値は十分にある
[画像のクリックで拡大表示]

[注]MS-IME 2010を利用する権利があるのは、Office XP、Office 2003、Office 2007、Office 2010のユーザーのみ

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ とにかく無料なので、まずはインストールしてみよう...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【「iPhone X」は買いか?】

    iPhone Xを選ぶ5つの理由

     iPhone Xは、最近はiPhoneとAndroidスマートフォンの2台持ちが当たり前になっていた筆者にとって「買わない理由が見当たらない」1台だ。2台持ちに至っていた不便さを、ホームボタンの廃止や顔認証の導入で一気に解消してくれる。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る