• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
劇的改善ノートパソコン

【HDD編】 HDDの空きを増やして長く快適に使う

石井 英男=フリーランスライター、倉田 雅弘=日経PCビギナーズ 2010/10/01 日経PCビギナーズ
出典:日経PCビギナーズ 2009年12月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

ノートはデスクトップに比べHDD容量が少ないので、HDDがいっぱいになりがち。HDDの容量が減ると、写真などのデータが保存できなくなるだけでなく、Windowsが作業に使える領域が減るため、動作が不安定になります。ここでは、HDDの容量を増やすのに効果的なワザを紹介します。

 HDDの空きを増やすには、主に2つの方法があります。

 1つは、使わないソフトやファイルを削除する方法です。「スタート」メニューから「すべてのプログラム」を開き、使っていないソフトがないか探しましょう。ソフトによっては、消すことで数百MBの空きを増やせることがあります。

 写真や文書などのファイルは、削除するのに迷うなら、外付けHDDやUSBメモリーに移すとよいでしょう。お薦めは超小型のUSBメモリーです。これならUSB端子に差しっぱなしにしても邪魔になりません。

 空きを増やすもう1つの方法は、HDD自体を大容量のものに交換することです。例えば、もともと80GBのものを320GBに交換すれば、一気に200GB以上の空きが増えることになります。HDD代など費用はかかりますが、劇的に空き容量を増やすことができるのです。

11、不要なソフトやファイルをなくす

 ソフトを消すには、「プログラムの追加と削除」(Vistaでは「ソフトのアンインストール」)を使います(図1)。使っていないソフトや期限が切れた体験版のソフトを消しましょう。

図1 「スタート」→「コントロールパネル」とクリック。次の画面で「プログラムの追加と削除」(Vistaでは「プログラムのアンインストール」)をクリック。消してもよいソフトを選んで(1)、「削除」(または「変更と削除」)をクリック(2)。
[画像のクリックで拡大表示]

 データを超小型USBメモリーなどに移すときは、あらかじめ保存するデータに応じてフォルダを作っておくと整理が簡単になります(下の「オススメの一品」参照)。

ノートPCをもっと使いやすくする!オススメの一品(3)

12、超小型USBメモリーにファイルを移す

 超小型のUSBメモリーは、4GBもあれば写真や文書などちょっとしたデータを移すのに十分使えます。接続して写真などのフォルダを作成したら、「マイドキュメント」からデータを移動しましょう。

【バッファロー RMUM-Hシリーズ】
●価格 2600円(4GB) ●ホームページ http://buffalo.jp/ ●問い合わせ先 TEL 050-3163-1825

図A USBメモリー内に「写真」や「文書」「音楽」など、保存するファイルに応じたフォルダを作っておくとわかりやすい。

図B 当面使わない写真やWord文書、音楽ファイルなどを、USBメモリーに移動しよう。
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 13、HDDを大容量に交換
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る