• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

プロが教えるiPhone写真講座

アプリを使いこなしてiPhoneographyにどっぷり浸かる~作例紹介

三井 公一=フォトグラファー 2010/08/20 PC Online

 デジタルカメラの進歩が著しい。今店頭に並んでいる製品を買って撮影すれば、ほとんどの場合失敗なくきちんと写真が撮れる。「逆光補正」、「顔認識」、「まばたき検出」、「美肌効果」、「スイングパノラマ」などと、様々なアシストがついて失敗しようにも難しいくらいである。

 「他社に負けてはいけない」と機能をどんどん追加する、カメラメーカーの熾烈な競争となっているが、少し前からは「失敗なく写真を撮る」という路線から「個性ある写真を撮る」という路線にシフト。セピア調やジオラマ風など印象的なシーンに写真を仕上げることができる「アートフィルター」などを搭載するケースが増えてきた。これらのフィルターを使うと「失敗のないそこそこの写真」が「ちょっとかっこいい写真」に見えるのだ。素晴らしい効果を得られるこのフィルター、エフェクトの種類が少なくユーザーが簡単に追加できないのがネックとなっている。

 そこに登場したのがiPhoneだ。ご存じの通りiPhoneはApp Storeからアプリをダウンロードして追加できる。世界中の開発者が日々リリースする様々な写真加工アプリをユーザー自身が購入してiPhoneに機能追加できるのが強みだ。今回はiPhoneで印象的な写真に仕上げるアプリを3つ、作例とともに紹介しようと思う。

CinemaFX(115円)

 CinemaFXは、手軽にシネマ風の効果をかけることができるアプリだ。簡単で動作も軽くパッと写真に変化を付けたい場合に重宝する。

CinemaFX
[画像のクリックで拡大表示]

 ビルを見上げたこの写真をCinemaFXで加工してみよう。撮影時は晴れていたものの、空の青さが今ひとつでメリハリがない。これを簡単に印象的にしたい。

メリハリがないビルの写真。これにCinemaFXで変化を付ける
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ まずは撮影した写真をアプリから選ぶ。画面では9コ...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【検証 通信市場】

    光回線は安くならない?卸料金の適正性を検証へ

     総務省が公表した2016年度の通信市場の検証結果(案)では、光回線の料金の低廉化が進展していない点を問題提起した。中でもNTT東西が展開する「光コラボレーションモデル」は卸料金を値下げするインセンティブが働かず、低廉化を期待できない状況と結論付けた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る