• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

パソコン操作「失敗知らず」の鉄則 55

Part3 「快適」Windows操作 15の鉄則

佐々木康之=フリーランスライター、高橋量=dcp、田中拓也=フリーライター、乗越政行=プラスワンデジタル、日経PCビギナーズ編集部 2009/07/29 日経PCビギナーズ
出典:日経PCビギナーズ 2008年8月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 「保存したはずのファイルが見つからない」「操作を間違えてファイルを消してしまった」……。Windowsの操作ミスは、思わぬ大失敗につながることもあります。ここでは、「ファイル&フォルダ編」「ソフト編」などに分け、Windows操作の失敗を防ぐ“鉄則”を紹介します。

ファイル&フォルダ編

1、ドラグ操作を間違えてしまう

 ファイルをドラグしたけれど、実際はお目当てのものではなかった……。ドラグ操作を間違えたときは、あわてずに「Esc」キーを押しましょう(図1)。操作が取り消され、ファイルを選び直せるようになります。

【ズバリ解決】 「Esc」キーでドラグをキャンセル

図1 間違ってドラグしたときは指を離さず、「Esc」キーを押して取り消す。また、マウスの左ボタンを押したまま右ボタンも押しても取り消すことができる。
2、移動したいのにコピーになる

 ファイルを移動したつもりでもコピーになったときは、移動先のドライブの種類を確認します。例えば、Cドライブから外付けHDDへのドラグなど、異なるドライブをまたぐ操作はコピーになります(図2)。移動かコピーかのどちらかで迷ったらポインターに注目。横に「+」があればコピーと覚えておきましょう(図1)。

【これで予防】 ドラグ中はポインターの形に注目

図1 ドラグ中はポインターに注目。「+」が付いているときにボタンを離すと「コピー」になり(右図)、何も付いていないと「移動」になる(左図)。[注1]
[注1]Windows Vistaでファイルをドラグすると、ポインターの下に「~へ移動」「~へコピー」と表示されます。XPよりわかりやすくなっています。

ドラグ先によって移動かコピーかが違う

図2 ドラグ先が同じドライブなら「移動」に。外付けHDDやUSBメモリーなど、異なるドライブにドラグすると「コピー」になる。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 3、上書きして元ファイルがなくなった以前に作った...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    テストで欠陥を見逃す、たった三つの要因

     デジタル化が進むほど、システムの品質はビジネスと直結するようになる。止まったり、間違った結果を返したりするバグがあると、ビジネスに直接ダメージを与えてしまう。こうした欠陥を見つけ出し、品質を確保する関門となるのがテストだ。ただ、十分なテストを実施できているかどうか、実のところ心許ない。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る