• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Windows Live徹底攻略

無料のインターネット閲覧制限ソフトを使ってみる

インターネットを楽しく安全に使う「ファミリーセーフティ」

瀧澤 崇子=テクニカルライター 2009/06/24 PC Online

 Windows Liveのサービスを紹介してきた「Windows Live 徹底攻略」も、今回で最終回となる。最後は、インターネットをより安全に、より楽しく使うためのツールとして、「ファミリーセーフティー」と「ツールバー」を紹介する。

 「ファミリーセーフティ」は、子どもがインターネットを使う際に、危険なWebサイトを見たり検索したりするのを防いだり、インターネット上の活動を監視したりすることができるツールだ。

 「ツールバー」は、Windows LiveのサービスをIE上から手軽に利用するためのボタンが並ぶブラウザー用のツールバーだ。

 まずは「ファミリーセーフティ」から見て行こう。この機能は、「コンテンツフィルター」をオンにすることで、子どもがインターネットを利用する際に閲覧可能なWebサイトを制限するというものだ。どのようなWebサイトを見たのかを記録しておく機能もある。大人から見て危ないと思われるWebサイトを見ていないかどうかが把握できるようになっている。

 そもそも、このサービスはWindows XPユーザーに向けて開発されたもので、Windows Vistaユーザーは、Vistaに搭載されている「保護者による制限」(「コトロールパネル」内の「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」にある)を使って同様のことができる。Vistaのこの機能は、パソコンのユーザーアカウントで管理するものなので、いちいちアカウントを切り替えて使うほどでもないという場合は、「ファミリーセーフティ」を利用してもよいだろう。今回はWindows Vista上で利用する手順を見ていく。

 まずは「Windows Live ホーム」からサインインし、「ファミリーセーフティー」のWebページを開く。

「Windows Live ホーム」からサインインし、「ファミリーセーフティー」のWebページを開く。または、サインイン後の「ホーム」ページで「その他」メニューから「ファミリーセーフティ」をクリック。すると図の画面が現れるので、ファミリーセーフティの管理者として使うアカウントでサインインする
[画像のクリックで拡大表示]

ダウンロードページが開くので、「今すぐダウンロード」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ コンテンツフィルターを起動する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る