• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
Cドライブのムダを捨てて 軽く! 速く!

どうしても困った人はCとDの割合を変える

佐々木康之=フリーランスライター、田中拓也=フリーライター、大森浩子=日経PCビギナーズ、越智理奈=日経PCビギナーズ、岸本由巳=日経PCビギナーズ 2009/06/09 日経PCビギナーズ
出典:日経PCビギナーズ 2009年2月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

Dドライブをどんなに活用してもCの空き容量が増えない──。実は、最後の手段として、CとDの容量の割合を変える方法もあります。確実に作業するなら、市販ソフトが安心です。

 これまで見てきたように、C・Dドライブは、パソコン内の1つのハードディスクを2つに分けたものです。部屋の間仕切りを動かすように、この割合は変えることができます[注1]。ただ、ドライブにデータが入ったまま間仕切りを変えることは、基本的にはできません[注2]。こんなときに頼りになるのが市販ソフト。中身はそのままでCとDの割合を変えられます。ほかにも、Cを2つに分けてDを作ったり、CとDを合わせて大きなCを作ったりできます(下図参照)。

 とはいえ、この作業は失敗すると、ファイルがすべて消えてしまう危険性があります。どうしてもやりたい場合は、「LBパーティションワークス12」のように、バックアップ機能を備えたソフトを使いましょう。

[注1]この作業を「パーテーションを変更する」と言います。
 

[注2]Vistaではドライブの中身を消さずにサイズを変える機能が追加されましたが、多少の制限があり、自由に変更できるわけではありません。市販ソフトを使ったほうが簡単で安心です。
 

図1 「スタート」ボタンをクリック(1)。「マイコンピュータ」を右クリックし(2)、「管理」をクリックする(3)。Vistaでは「コンピュータ」を右クリックして「管理」をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 「コンピュータの管理」という画面が開く。「ディスクの管理」をクリックすると(1)、ハードディスクがどういう割合で分割されているかがわかる(2)。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 市販ソフトを使って手早く確実に作業しよう!
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る