• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
脱初心者Wordの便利技

Wordの技:テキストボックスを回転させて、文字を斜めにしたい!

西田 夏子 2009/07/14 日経PCビギナーズ
出典:日経PCビギナーズ 2008年3月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 横書き文書に縦書きの文を入れるときなどに利用する「テキストボックス」は、縦書きと横書きの2つがあります。これらは、そのままでは回転することはできません(図1)。

【テキストボックスでは、縦と横にしか文字を配置できない】
図1 「図形描画」機能で描いた図形は回転できるが(右)、テキストボックス(左)は回転できないため、文字を斜めにすることができない。

 文字を斜めにしたいときは、次のように操作しましょう。まず、テキストボックスをコピーし(図2)、これを「図」として貼り付けます(図3~図6)。元のテキストボックスは、「Delete」キーを押して消しましょう。

【一度コピーし、「図」として貼り付けて回転】
図2 テキストボックスが選択された状態で右クリックし(1)、「コピー」をクリック(2)。

図3 「編集」(1)→「形式を選択して貼り付け」(2)とクリック。

図4 「図」をクリックし(1)、「OK」をクリック(2)。元のテキストボックスは「Delete」キーを押して削除する。

図5 貼り付けられた「ご注意!」の上で右クリックし(1)、「図の書式設定」をクリック(2)。

図6 「レイアウト」(1)画面の、「行内」以外(ここでは「四角」)をクリックし(2)、「OK」をクリック(3)。

 新しく貼り付けられた文字の上には、緑色の「○」が現れます。これは文字が図として貼り付けられたことを示しています。「○」にポインターを合わせてドラグすれば、文字を斜めにできます(図7)。[注]

[注]「図」として貼り付けた後は文字を修正できません。内容を変えたい場合は、もう一度テキストボックスを作って文字を入力してから、同様の作業をしてください。


【緑の「○」が現れ、回転できるようになった】
図7 ご注意!」の上に緑色の「○」が現れた。これをドラグすれば回転できる。

ワードアートも回転できる!

 ワードアートを使って入れた文字も、そのままでは回転できません。でも、テキストボックスとは異なり、「図」としてコピーしなくても、「ワードアートの書式設定」画面を開き、図5、図6の要領で「レイアウト」を「行内」以外に指定すれば、回転できます。もちろん、回転させた後でも文字を修正できます。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る