• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

マイクロソフトに聞きました

フォルダの中に、ファイルの名前が黒いものと青いものが一緒に入っています。どうして?

フォルダの中に、ファイルの名前が黒いものと青いものが一緒に入っています。どうして?

日経PCビギナーズ編集部 2009/03/19 日経PCビギナーズ
出典:日経PCビギナーズ 2008年9月号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 Windows XPでファイル名が青くなるのは(図1)、Windowsの機能でファイルが圧縮されているからです。

青い名前のファイルがある

図1 Windows XPで、あるときから「マイドキュメント」の中にあるファイルの名前が青くなっていた。通常、ファイル名の色は黒い。ダブルクリックして開けるし違いがわからない。これって何?
[画像のクリックで拡大表示]

 多くの場合、自分で圧縮した覚えはないと思います。それもそのはずで、これは不要なファイルを削除する機能「ディスククリーンアップ」に含まれる「古いファイルの圧縮」が働いて圧縮されたものだからです。

 この機能は、ハードディスクの空き容量を増やすためのもので、特定の期間(通常は50日)使われていないファイルの容量を、特殊な圧縮方法で小さくします。ほかのファイルと区別するため、圧縮したファイルの名前は青くなります。名前の色を元に戻すには、圧縮を解除します。以下の方法を試してください。

 まず、名前が青いファイル(フォルダ)を右クリックしてプロパティ画面を開きます(図2)。次に、「詳細設定」から「属性の詳細」を開き、「内容を圧縮して~」のチェックを外します(図3、図4)。これで、ファイルの圧縮が解除されて名前の色は黒に戻ります。

圧縮を解除すれば解決!

図2 名前が青くなるのは、「古いファイルの圧縮」という特殊な方法で圧縮されているため。ZIPやLZH形式の圧縮とは違うが、Windowsの機能で圧縮を解除できる。青い名前のファイルを右クリックして、「プロパティ」をクリック。

図3 「全般」をクリック(1)。「詳細設定」をクリック(2)。
[画像のクリックで拡大表示]

図4 「内容を圧縮してディスク領域を節約する」のチェックを外す(1)。「OK」をクリック(2)。次の画面でも「OK」をクリックすれば、圧縮が解除されて名前の色が黒に戻る。
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、この操作をした後はファイルの容量が元に戻ります。その分ハードディスクの空きが少なくなるので注意してください。(協力:コンシューマサポート部 山口 森氏)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る