• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
インタビュー

エクセルで本格的な絵画を描く、油絵や日本画の画家が「仲間」

堀内 辰男 パソコン画家

田村 規雄=日経パソコン 2013/04/09 日経パソコン
出典:日経パソコン 2013年3月11日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

ほりうち・たつお:1940年長野県上田市真田町生まれ。定年退職を目前に「新しいことがしたい」とパソコンを購入。2000年頃からExcelで「パソコン画」を描き始める。2006年には、Office活用情報サイト「モーグ」が開催した「オートシェイプでお絵かきコンテスト」の絵画・人物画部門で大賞を受賞。以後、3年連続で入賞を果たす。近年は、在住する群馬県館林市の美術展への出品、大型絵本の制作など、パソコンの枠を超えて活動の幅を広げている。(撮影:山下 裕之)
[画像のクリックで拡大表示]

 「仕事ではExcelを使っていなかったが、ほかの人がグラフをきれいに描いているのを見て、Excelで絵が描けそうだと思った」──。そんな単純な発想から、定年を前にExcelを使い始めた堀内辰男氏。その10年後には、美術展に作品を出すほどの“画家”になった。ワークシートの中に「オートシェイプ」を無数にちりばめ、彩色を施した堀内氏の作品は、Excelで描かれたとはにわかには信じられないほど、繊細かつ深みのあるものだ。

 なぜ、Excelで絵を描くのか。「専用のグラフィックスソフトは高価だが、Excelはパソコンにプリインストールされていた。そしてペイントよりも高機能で使いやすい。初めはWordを試してみたが、Wordは最初に用紙サイズを決める必要があり、自由に描けなかった。一方、Excelは広いシートの中で好きに描いた後、用紙に収まるように自動で縮小して印刷できる。さまざまな機能を使えるようになった今は、グラフィックスソフトなど要らないと思う。こんなに優れたソフトなのに、使いこなさないのはもったいない」。

Excelで描いたとは到底思えないような、大型作品も多い。A3判のインクジェットプリンターで印刷し、地元の美術展に出品したり、大型絵本を製作して図書館へ寄贈したりしている
[画像のクリックで拡大表示]

上の写真の左端にある作品「桜と月」の元データ。Excelのワークシート上で、オートシェイプを使って描いている。拡大してみると、その精緻さに驚かされる。さらに拡大すると、花びら1枚1枚がオートシェイプになっていることが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 堀内氏は、A3判対応のインクジェットプリンターを...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

ITpro SPECIALPR

What’s New!

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る