• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

インタビュー

「シンプルだから撮影に集中」iPhone写真の魅力伝える

三井 公一 フォトグラファー

中川 真希子=PC Online 2011/12/19 日経パソコン
出典:日経パソコン 2011年11月14日号
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

みつい・こういち:1966年生まれ。新聞社の出版写真部を経てフリーに。インターネット黎明期より写真やビデオ映像を使用したWebコンテンツに関わる。2010年6月と8月に、iPhoneで撮った写真で個展を開催。同年10月にスペインで開催した企画展「iPhoneografia」で、世界のiPhone写真家の中から選ばれた6人のうちの1人になる。Webサイト上のフォトレポートや雑誌、広告などで活躍中。(撮影:陶山 勉)
[画像のクリックで拡大表示]

 「iPhoneography」──アップルのスマートフォン「iPhone」と、写真を意味する「photography」を組み合わせた言葉だ。フォトグラファー・三井公一氏は、その言葉が生まれる前からiPhoneをカメラとして使い込んできた先駆者の一人である。ブログで毎日公開する写真は、もうすぐ1000枚になろうとしている。iPhone写真の個展も既に2度、開催した。

 もともと携帯機器もアップル製品も大好き。2007年、iPhoneが発表されたときに「これはすごい」と感嘆し、発売と同時に入手した。それまでも携帯電話で写真を撮り、写真共有サイトに公開していたが、この時以来、撮影機はiPhoneに変わった。

 カメラとしてのiPhoneの良さは、シンプルさだという。「起動してシャッターを押すだけ。余分な機能が一切ないから、撮影に集中できる。豊富な画像アプリを使って、手軽に、かつ自在に味付けできるのもいい」。

 オートフォーカスに対応したiPhone 3GSからはいっそう本格的に撮るようになり、すっかりのめり込んだ。今では仕事の半分をiPhoneでこなしている。「iPhoneはスナップ写真に最適。構えても怪しまれないしね。いいなと思う光景は必ず撮る」。

大のデジタル機器好き。最新のiPhone 4Sをはじめ、iPhone 4/3GSをカメラとして使用する。300万画素の3GSはフィルムカメラで撮ったような味わいがあり、一番気に入っている

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 面白いものを撮るには、常にカメラを持ち歩くことが...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る